1. 信頼される上司はやっている!部下にストレスを溜めさせないように気をつけたいこと

信頼される上司はやっている!部下にストレスを溜めさせないように気をつけたいこと

 上司として部下を指導する立場に立つ人が気をつけたいこととして、部下との人間関係を保つということが挙げられます。部下にストレスをかけないような指導を心がけましょう。ここでは、部下がストレスを感じないために気をつけたいことを紹介します。

高い理想を押し付け過ぎない

 部下に対して、高い理想を押し付けてしまうのはあまりよくありません。自分が部下ぐらいのキャリアだったときを思い出してください。指導をするときに「こうあるべきだ」と強く思ったとしても、それを部下に強制してしまうと、部下のストレスになります。仕事の指示をするときも、高すぎる目標を押し付けないようにしましょう。

理不尽な指示を出さない

 上司として、時には指示が二転三転してしまうこともあるのではないでしょうか。そのようなあやふやな指示は、部下のストレスを溜める原因になります。理不尽な指示を出す前に、まず考えてみて、筋が通る指示なのかを理解しましょう。もし、理不尽な指示を余儀なくされる場合も、しっかりとコミュニケーションを取り、事情を説明するべきです。

結果を褒めてあげる

 結果を見るときに厳しくチェックすることは重要ですが、それだけでは、部下のストレスに繋がってしまいます。良い仕事ができているときは、きちんと褒め、部下のスキルや能力を認めて上げるようにしましょう。


 ここでは、部下のストレスを溜めないために気をつけたいことを紹介しました。部下も上司の指示によってはストレスが溜まってしまいます。部下を理解して、きっちりと指示を与えましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する