1. 慕われる上司とはこういうことだ!部下を成長させる上司になる3つの方法

慕われる上司とはこういうことだ!部下を成長させる上司になる3つの方法

by Pixel Addict
 部下は上司を見て成長します。上司もそれを心得た上で、様々な行動をするように心がけるべきです。上司にとって、部下の成長のためには必須とも言える行動というものがありますし、それを行うことによって、普段上司を見ている部下も感化されて成長していくことになります。その行動にはどのようなものがあるのか、見ていきましょう。

1.部下の行動の責任をとる

 部下にはとにかく、主体性を持って行動して欲しいものです。リスクを恐れてチャレンジすることをためらうようなことは避けて欲しいのです。チャレンジして失敗した時に、その責任全て自分が受けるとなると、部下としては当然のことながら安全な道を進もうと考えるものです。

 そこで上司にできる事と言えば、その責任を負うからチャレンジするように、ということになります。もちろん、その部下がチャレンジすることに対しては共に話し合い、どのようなリスクがあるのか、対してどれくらいのリターンが望めるのかを含めて、その進め方などを決めることが必要になります。

 そして、その後の実行は部下に任せるということです。結果の責任は自分が負うので全力を尽くすようにと指示することができれば、部下もそれに応えるために精一杯頑張ってくれるでしょう。

2.率先して動く

 部下は上司の背中を見ています。つまり、部下にあれこれするように指示を出していても、その本人がそれをしないとなると納得がいかないものです。できるかどうかもわからない指示を出されても、あるいはできもしないと思われる指示を出されても部下は困ってしまいます。

 まずは上司が実際に行って、それができることであるという事を部下に示す必要があります。その上で出された指示であれば、部下も何とかそれを遂行しようと努力するようになります。結果、難しい仕事でも何とかこなすようになり、それが成長につながる事にもなります。

3.平等に接する

 上司がすべき、基本とも言えることですが、どの部下に対しても平等に接するという事があります。期待度が高い部下に対しては特別扱いするというようなことは、避けるべきです。他の部下もしらけてしまいますし、当の本人も困ってしまいます。誰に対しても同じ姿勢を持てるように、行動指針というものをきちんと作っておきましょう。


 以上のように、部下の成長に必須な上司の行動というものはいくつかありますが、そこで大切なことは一貫性を持つということです。ある時はこれをするけれどもある時はしないといった、まるで気まぐれとも取られかなねいことはするべきではありません。常に変わらぬ姿勢で取り組む事が、上司には求められます。是非、部下のために行動できる上司になっていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する