1. 会社の規定と領収書は必ず押さえよう!出張の際の仮払いにおいて注意すべきポイント

会社の規定と領収書は必ず押さえよう!出張の際の仮払いにおいて注意すべきポイント

by t-miki
 仮払いは、仕事で必要になる金額が大きくて個人で立て替えることができない時にあらかじめおよその金額を申請しておき、会社にお金を用意してもらうことです。出張など、金額が確定しておらず振込などで対応できないケースで仮払いは行われます。ここでは、出張の際に仮払いを受ける時の、注意すべきポイントについてご紹介します。

1. 会社の規定に従う

 出張があるような会社であれば、仮払いの規定が必ずあります。金銭のやり取りのことなので、かなり厳格にルールが運用されていますから「明日、10万用意してください」というわけにはいきません。前もって申請書を出す必要があるはずなので、その申請書をきちんと書いて経理の担当に出しておきます。

 また出張に行く人は、どの支出が会社の経費に回せるかもきちんと把握しておかなくてはなりません。経理担当でない限り、このあたりの知識は曖昧なものですから、経理の担当者などに確認しておくといいですね。必要な領収書をもらっていなかったり、不必要な領収書まで精算に出してしまっては、出張に行った人間も経理の担当も処理の時間が余計にかかってしまいます。

2. 領収書は大切にする

 仮払い金は出張から帰ったあと、精算しなくてはいけません。そのために必要なのは領収書になりますが、新幹線や飛行機ならまだしもタクシーなどを利用した場合にもきちんと領収書をもらうようにします。

 当然ですが、領収書をなくした場合には精算ができませんので注意が必要です。領収書は、会社の規定で領収書でなければならなかったり、明細がわかるようにレシートでなければならないという場合もあります。仮払い金は横領しやすい性質も持ち合わせているので、曖昧な点がないようにしておく必要があります。会社の指示で出張に行ったのに、領収書がないために、かかった経費を申請できないなんてことになったら大損です。

 以上が、出張の際の仮払いの扱いと注意すべきポイントです。お金に関わることは注意深く行うことが大切です。今回の注意点を意識し、しっかり行いましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する