1. 「お気をつけて」だけはNG!?出張に行く上司に対する正しい敬語の使い方

「お気をつけて」だけはNG!?出張に行く上司に対する正しい敬語の使い方

by mikelo
 職場での敬語、できてますか?上司が出張に出かけるときにはどのように声をかければいいのでしょうか。出張に行く上司をねぎらう言葉について紹介します。

丁寧なのは「お気をつけて、いってらっしゃいませ」

 「お気をつけて」だけなら特に問題ありません。しかし、間違えやすいのが「いってらっしゃい」です。「いってらっしゃい」を上司に使うのはよくありません。「いってらっしゃい」は丁寧語ではないので、正しくは「いってらっしゃいませ」です。「お気をつけていってらっしゃいませ」と言えばより丁寧に聞こえるでしょう。

出張から帰ってきたときは「お疲れ様でした」

 出張から帰ってきたきた上司には「お疲れ様でした」と言ってあげてください。ちなみに「ご苦労様でした」はよくありません。「ご苦労様」は上司が部下に対して何かをねぎらっていう言葉なのです。「お疲れ様でした」が正しい敬語です。


 いかがでしたでしょうか。ちょっとした言い方が上司のあなたへの評価を変えることがあります。さらに詳しく勉強したい人は秘書検定のテキストなどを読んでみると良いかもしれません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する