1. 目標を見据えた仕事がしたい!キャリアプランを立てるために振り返るべき3つのこと

目標を見据えた仕事がしたい!キャリアプランを立てるために振り返るべき3つのこと

  
by tropicaLiving - Jessy Eykendorp
 仕事をしているとキャリアプランを考えることは誰にもあるでしょう。しかし、あまりにも漠然とした考えしかできなかったり、逆に少し先のことしか考えられないという人もいるのではないでしょうか。ここでは自身の仕事の目標を決めるときに考えるべきことを紹介します。

1. 自分の人生観

 目標は仕事だけを軸にして決めるだけではありません。キャリア形成というと、どうしても仕事で目指すべきものを考えがちですが、自分が将来どんな人間になりたいかを考えるのも有効です。目標とする人間になるには、どのような仕事に就いていればよいのか、そのためには何が必要なのかを考えれば、目標が見えてきます。

2. 今打ち込んでいること

 今できることから将来の目標につなげるという手順もあります。一番感心を持っている仕事をとことん極めるには、好きな仕事を続けていくにはどうすればいいかを考えれば目標が見えてくるのです。全く新しい世界を選ぶ必要はないし、逆に今の延長が思いもよらない世界に自分を運ぶことになるかもしれません。できることの積み重ねが更なるキャリアを形成していくというわけです。

3. 自己の得意分野、興味分野

 これまでのキャリアを振り返り、自己分析をすることも目標設定につながります。自分がどんな分野で強みを発揮し何に興味を持って取り組んできたのかを、自分なりに分析するわけです。もしかしたら、そこからこれまでとは違う分野での活躍を望んでいることに気づくかもしれません。自分の強みをより活かせるものが見つかれば、新たなキャリア形成へと踏み出すことになります。


 以上のように、キャリアを目標に落とし込む手段としては色々と考えられることがわかります。自分のこれまでのキャリアを振り返り、そしてこれからのキャリアを想像することによって、目指すべき未来の姿が見えてくれば、それが目標になるわけです。そこには自分の人生観も反映されることになるでしょう。仕事だけにとらわれない、人として目指したくなるキャリアプランを作ってください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する