1. 日々の訓練でマルチタスクを可能に!同時進行で仕事を進めるための訓練法

日々の訓練でマルチタスクを可能に!同時進行で仕事を進めるための訓練法

 仕事の量が多く、なかなか全ての仕事をこなすのは難しいと感じた方は、マルチタスクで仕事を進めるように訓練をしてみるといいかもしれません。効率が落ちないようにマルチタスクができれば、より多くの仕事をこなすことができるでしょう。ここでは、マルチタスクで仕事をこなすための訓練法を紹介します。

時間管理能力を高める

 物事を俯瞰的に見ることができると、マルチタスクもできるようになるでしょう。そのためにも、スケジュールを立て、タスクを立て遂行することができるような、時間管理をする能力を高める必要があるでしょう。

やりたいことを絞って同時進行でやる

 宇宙飛行士は、厳しい環境や、資源に限りがあることから、マルチタスクを強制されます。彼らは、マルチタスクをするために、英語で文章を書きながら本を読む訓練をしたそうです。まずは、やりたいことを絞って同時進行でやることで、段々とマルチタスクで仕事を進める能力も身についていくのではないでしょうか。

切り替えを早くする

 マルチタスクと言っても、多くの場合は、本当の意味で同時進行で2つのことを行っているわけではありません。切り替えを素早く行い、様々な作業を取り掛かることをマルチタスクと言うと考えてもいいでしょう。切り替えを早くするためには、日常から、取り掛かる前にクセを付けて、そこから作業を始めるようにしましょう。


 ここでは、マルチタスクで仕事をこなすための訓練法を紹介しました。マルチタスクをするためには、日頃の訓練が重要になります。しっかりと訓練を行ってマルチタスクで仕事ができるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する