1. 担当じゃない仕事にどう関わるか!部下の仕事の協調性に評価をつけるポイント

担当じゃない仕事にどう関わるか!部下の仕事の協調性に評価をつけるポイント

by Y0$HlMl
 会社という組織で仕事をしている以上求められものに、協調性があります。皆が勝手気ままに振舞っていたのでは、会社はまとまりませんし、一貫性も保つことができません。しかし、協調性のみを意識していたのであれば、今度は主体性がないと見られてしまうかもしれません。そこで今回は、上司が見ている協調性の評価ポイントについて紹介していきます。

手助けができるかどうか

 協調性を見られるポイントとして、他の社員の手助けができるかどうかということがあります。手が空いている時に頼まれた仕事に対してどのように取り組んでいるか、そこから協調性を推し測ります。自分の仕事をきちんとこなしていくことは大切ですが、それが既に出来ているのであれば他人の仕事の進行状況も意識してみましょう。

会議での議論

 また、会議においても見られているポイントはあります。会議において鋭い意見を言うことは大切ですが、協調性という観点においては、いかに他人の意見を尊重し上手く会議をまとめることが出来るかということが見られています。自分の意見を通すことのみではなく、他人の意見にも耳を傾けてみましょう

まとめ

 仕事というものは、多くの人が協力しあって行われるものですから、協調性というものは大切なものです。自分の仕事だけでなく周りの仕事も見ながら仕事が出来るようにしていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する