1. 「こんな職場もうやってられるか!」法律違反な労働環境を是正するための正しい相談と対処の仕方

「こんな職場もうやってられるか!」法律違反な労働環境を是正するための正しい相談と対処の仕方

by Tambako the Jaguar
 残業を長時間しても残業代が支払われないことがあったり、上司からのパワハラ、セクハラなど、労働関係で労働基準法違反など法律違反があった時にどこに何を相談したりすればいいのかが分からず、困ってしまうことがありますよね。事前に対策を取っておかないと、泣き寝入りという事態になってしまいかねません。

 そこで、今回はパワハラやセクハラ、法律違反などを受けた時の正しい相談、対処の仕方について見ていきましょう。

1.労働基準監督署や法律事務所に相談する

 まず、法律違反への正しい相談、対処の仕方としては、労働基準監督署や法律事務所などに相談をしておくことが必要となります。法律関係の話については、まずそれらに詳しいところに相談をしておくことで、色々な法律上、実務上でのアドバイスをもらえますので、それらを踏まえてまずは自身が置かれている状況や、今後どうすればいいのかという相談をするのが最善でしょう。

 内部の人間に相談してもいいですが、情報が漏れてしまって更に様々な嫌がらせを受ける恐れもあります。故に、第三者のアドバイスをもらったほうがいいので、これらの機関や事務所に相談しましょう。労働基準監督署から改善指導や環境改善をしてもらえる可能性や、裁判になるときの資料集めの方法、事務所の紹介など色々な情報を提供してもらえるようになります。

2.もしもの時の証拠として色々な情報を集めておく

 そして、もしもの時のために証拠集めをすることも重要です。裁判になった時などに法律違反の証拠になりますので、ことを起こす前に証拠を集め、行動に移せるようにするのが賢明です。証拠の集め方としては、パワハラなど実際にあった時に音声を録音することや、日記に日々どのような違反があったのかをこまめに残しておくこと、また写真などで違反の事実が分かるようなものがあれば、証拠保全のためにいつ、どのような状況で採ったのかを明確に記録しておくなど、他人から見て客観的にわかるような証拠を残しておくことが大切です。

 第三者からも証言が得られるような環境であるのなら、もしもの時に証言してもらえるよう協力を要請するなどしておくと更に良いでしょう。裁判は最終手段ではありますが、もしもの時や問題解決のためには証拠を残しておくことはとても重要なことになりますので、しっかりと残しておきましょう。


 以上のように、法律違反に対してしっかりとした対処をしていきましょう。泣き寝入りせずに不正をしっかりと正し、働きやすい労働環境を作れるように改善していきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する