1. 企業の成長効果は絶大!戦略的キャリアマネジメントをするべき3つの理由

企業の成長効果は絶大!戦略的キャリアマネジメントをするべき3つの理由

by BONGURI
 企業や会社が戦略的にキャリアマネジメントすることは、個人従業員のやる気をいかに引き立てて企業や会社に成果をもたらしていけるかを考えていくことです。個人従業員のやる気を引き出すことに重点を置いた戦略といえます。

 大企業であると、個人従業員に資格を与えて昇給や昇進をさせることが多いです。また、資格を取得するためには、勤続年数や仕事内容などを考慮して試験を設ける場合もあります。個人従業員は、この資格を取り続けることで昇給し、昇進していくことができて会社でやる気と継続して勤続する意欲をだしていくことができます。

個人従業員のやる気を引き立てられる

 まずは、企業や会社を成り立たせている個人従業員のやる気を引き立てて、企業や会社に成果をもたらせ続けさせることが挙げられます。個人従業員としてもキャリアマネジメントのなかで資格を取得していくやり方は、どのようにすれば会社内で昇進や昇給出来るのかを把握することができて、やる気も出していきやすくなります。

 定年までを、自分が会社内でゲームのプレイヤーように進めていくような感覚にも似ていて楽しむことができます。企業の中では、大卒者と高卒者の最初の資格の位を分けており、また資格の取得の進み具合や資格取得の上限が設けられている企業もあります。また、キャリアマネジメントを行う上で個人によっては昇進や昇給に違う点もあります。

大企業になると一人一人の能力を把握しやすい

 大企業になってくると、役員や上層部が個人従業員を一人一人把握することは困難になってくるため、キャリアマネジメントを行って個人の資格を見て判断することが多いです。

 それを考慮して、会社内の移動や昇進や昇給を行う企業が多いです。定期的に異動を行う企業においてはキャリアマネジメントを行うことは必須であり、キャリアマネジメントで得る資格は重要となってきます。また、新たな部門を新設する場合も個人の能力を把握するためにも、キャリアマネジメントの資格制度が重要になってきます。大企業になるほど、このキャリアマネジメントの資格制度がしっかりとしていて、複雑なものとなっています。

会社や企業の方針に沿った人材を育成しやすい

 会社や企業にキャリアマネジメントの資格制度を設けることで、会社の方針や生産性に沿った人材を育成しやすく、企業と個人従業員の双方が理解し合い取り組みやすくなります。そうすると、個人従業員が会社内で昇進や昇給するためにすることが打ち立てやすく、取り組みやすくすることができます。

 さらに、企業側としても個人従業員に期待することや取り組んでもらいたいことを提示しやすくなります。企業側が個人従業員に課題を与えて取り組んでもらうことで、企業側にとっても成果を出すことができ、利益を上げることができます。


 戦略的にキャリアマネジメントを行うことは、企業側と個人従業員が成長するために必要なものなので、ぜひ実践してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する