1. 年代別で考え方は変わる!ビジネスマンとして成長するためのキャリアプランの立て方

年代別で考え方は変わる!ビジネスマンとして成長するためのキャリアプランの立て方

by uka0310
 人生には様々なライフステージがあり、仕事のキャリアプランを考えるにあたってプライベートの状況と並行して考える事が大切です。ここでは、年代別にキャリアプランの立て方について述べていきます。

20代のキャリアプランの立て方

 20代は大学院や大学、短大、専門学校等を卒業し新卒社員として社会に出るところから始まります。まずは新卒入社した企業において最低三年間仕事に従事し、仕事とはどういうものなのか、社会人とはどういうものなのかを体験し、仕事をしていく上での基礎固めをする時期です。

 与えられた仕事をこなしていく中で、自分の能力や特性、希望する仕事内容といった自分自身や仕事に対する具体的なイメージが出来上がってきます。その上で、自分のキャリアプランというものを具体的に模索していきましょう。結婚等のプライベート状況も勘案しながら自分自身のキャリアプランを考えて行く事になります。

30代のキャリアプランの立て方

 30代になると、20代に仕事をしてきた社会人としての蓄積があります。ある程度仕事のこなし方も板についてきて責任ある仕事を任されるようになる等、社会人としてより質の高い仕事が求められるようになります。いち早く新しい仕事のやり方を吸収すると同時に、自分の信念を持ち仕事でどんどん実践していく事や資格取得といった能力向上にも時間を割くなど、自分自身のレベルアップを自ら実践していき、40代へとつなげる大事な時期です。

 もし自分自身を別のフィールドで試してみたいという願望があれば転職をしてキャリアアップを図るというケースも出てくるでしょう。転職を行う場合には、本当に自分のキャリアアップにつながる仕事となるのか、社会環境の変化を鑑みた場合に転職を行う事が適切であるかをよく吟味し、職場環境や給与、福利厚生の面もよく勘案した上で実行に移しましょう。

40代のキャリアプランの立て方

 40代になると社会人としても脂の乗った時期となり、リーダーシップを取ってチームを牽引していく立場に立つ方も増えてくるでしょう。この時期になると、自分自身の能力向上はもちろんの事、部下といった周囲の人間に対する心配りやフォローも求められるようになり、仕事の質を上げるだけでなく人間力を向上させていく事が大切になってきます。


 上記のことを参考に、今の自分に見合ったキャリアプランを立ててみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する