1. 新たな"ヒット商品"が生まれやすくなる!?企業が「ソーシャルメディアマーケティング」を行う目的

新たな"ヒット商品"が生まれやすくなる!?企業が「ソーシャルメディアマーケティング」を行う目的

by Jirka Matousek
 企業はこれまで「テレビCM」や「新聞広告」などを活用してマーケティングを行ってきました。しかし、Facebook、Twitterなどの登場により、企業のマーケティング活動は大きく変わりました。

 今では、こぞってFacebookページやTwitterアカウントを解説していますが、企業がソーシャルメディアマーケティングを行う目的はどこにあるのでしょうか。

顧客との蜜なコミュニケーション

 ソーシャルメディアが登場する前まで企業は、顧客とコミュニケーションをとる手段はありませんでした。つまり企業が一方的に消費者に対して、商品やサービスの情報を送っていただけなのです。

 しかし、ソーシャルメディアの登場により消費者は企業の製品に対して「意見」を述べられるようになりました。そのため、企業側が一方的に情報を送っているだけでは、商品を買ってもらえなくなったのです。そこから企業は、FacebookやTwitterを活用し、顧客とコミュニケーションをとり、ファン数を増やしていくようになりました。

 顧客とコミュニケーションをとることで、信頼関係を築き、ロイヤルカスタマーを増やしていくことこそがソーシャルメディアマーケティングを行う目的かもしれません。

新商品のアイデア発掘

 最近、企業はFacebookを活用して、新商品のアイデアを募集したりしています。企業の考えだけで生まれた商品は、なかなか売れないため、企業は自社の製品を使っている消費者に「助け」を求めたのです。

 現に、そのアイデアから生まれた商品は、消費者が抱える問題をシンプルに解決するものであるため、良い売上が期待できます。また事前の話題性もあるため、商品や企業のPR活動としても申し分ないでしょう。


 以上、企業がソーシャルメディアマーケティングを行う目的を紹介してきました。企業の考えだけでは、思いつかなかったような、斬新なアイデアに巡り会えたり、顧客の声をダイレクトに聞くことができるというのが、企業がソーシャルメディアマーケティングを行う目的と言えるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する