1. 今後のマーケティングの鍵!「AISCEASの法則」を用いて適切なアプローチを行え!

今後のマーケティングの鍵!「AISCEASの法則」を用いて適切なアプローチを行え!

by © Ahmed Amir
 マーケティング戦略を立案するにあたって、一定の法則が存在します。この法則を押さえておけば、適切な戦略を打ち出していくことが出来るでしょう。ここでは、ソーシャル時代のマーケティング戦略を立案する際に役立つ法則を紹介します。

AISCEASの法則

 最初に紹介するのが、「AISCEASの法則」です。この法則は、

・A:Attention(注目)
・I:Interest(興味)
・S:Search(検索)
・C:Comparison(比較)
・E:Examination(検討)
・A:Action(行動)
・S:Share(共有)

 という7つの考えから成り立っています。「Search(検索)」「Share(共有)」はソーシャルメディア時代ならではと言えるでしょう。消費者は、テレビCMなどを見ただけでは購買まで踏み切りません。興味を持ったら、まず検索し、一番安く変える場所を見つけたら、ようやく購買するかどうかの検討に入るのです。

 そのため、近年になって消費者になるべく見つかりやすくするために、企業は「SEO」に力を入れ始めたのです。

いかに「Share(共有)」されるが大切

 これからは、SEOなどに力を入れて検索結果を上位に持っていくことも大切ですが、最後の「Share(共有)」も大切になってきています。購買してもらった商品を、FacebookやTwitterでシェアされることで、瞬く間にこれまでアプローチ出来なかった顧客にまでアプローチすることが出来るのです。

 また、友達が買ったということで、その商品に対する信頼度も上げることができます。マーケティングは「売れる仕組みづくり」と言われていますが、買ってものをソーシャルメディアにシェアしてもらうことが、これからの「売れる仕組み」になっていくかもしれません。ですから、いかにシェアしてもらうらが大切になると言えるのではないでしょうか。


 以上、ソーシャル時代のマーケティング戦略を立案する際に役立つ法則を紹介してきました。顧客の購買行動を理解し、それに対して適切なマーケティング戦略を立案する。これこそが、企業が今後成長していくために必要なのかもしれません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する