1. 早めの対処が被害を最小限に留める!仕事でミスをしてしまった時の対処法

早めの対処が被害を最小限に留める!仕事でミスをしてしまった時の対処法

by tata_aka_T
 仕事でミスをしてしまったという経験は誰もがあることでしょう。しかしそこで最も重要なのは、してしまったミスの影響を最小限に抑えることです。ここでは、仕事のミスを大事に至らせないための対処法について述べていきます。

早めに報告をする

 ミスをしてしまった後にとるべき行動は、上司やその仕事に関わる仲間にミスをしてしまったことを報告することです。自分のしてしまったミスは、なかなか言い出しづらいですよね。しかし、そこで報告を先延ばしにしてしまうと、事態が悪い方向へと進んでいってしまいます。

 そのような状態を防ぐためにも、ミスをしてしまったら、すぐに報告をしましょう。そのことがミスを大事に至らせないために最も重要な行動です。

原因を探る

 報告をしたら、そのミスの原因を探りましょう。原因が把握出来ないままでは、対処することが出来ません。報告をした後は、そのミスは個人の問題ではなく、チームや会社の問題です。ミスを犯した張本人が一番ミスを理解している必要があります。自分がミスをするに至った経緯を思い出し、その原因を見つけましょう。

フォローする

 最後にミスを大事に至らせないためにすべきことは、フォローです。報告をし、原因が分かったらそのミスに対する埋め合わせが必要です。もし仕事をやり忘れていたのならば、その仕事をチームで分配してすぐに終わらせたり、クライアント先との期限を過ぎてしまっていた場合は謝罪の連絡を入れたり、とミスを犯してしまった後に出来ることは意外とたくさんあります。

 もしそのフォローが難しかったり、思いつかなかった場合は上司や同僚に相談してみるのも良いでしょう。


 仕事でミスをしてしまった時は、上記のことを参考にミスを大事に発展させないようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する