1. 意識を変えなければ身につかない!「マーケティング脳」の鍛え方

意識を変えなければ身につかない!「マーケティング脳」の鍛え方

 マーケティングをするためには、自分自身のスキルアップをする必要があり、また、自分の考え方も変える必要があるでしょう。ここでは、「マーケティング脳の鍛え方」として、マーケティングをするときの考え方を紹介します。

物を売るという考え方を変える

 マーケティング担当者の人は、モノをいかにして売るのかという考え方に終始しがちです。しかし、モノを売るという考え方ですと、なかなか消費者に刺さるマーケティング施策を打ち出すことは難しいのではないでしょうか。まずはモノを売るという考え方を変えることが重要です。

消費者目線でマーケティングに取り組む

 消費者の目線に立ったマーケティングをしようと考えることが、マーケティング脳を鍛えることに直結します。消費者がどのようにしてモノを買うのかを考え、自分自身が消費者だとしたら、なぜその商品を買い、他の商品は買わないのかを考えてみましょう。そうすることで、マーケティングをするときの施策も、消費者に寄り添った形のものができるのではないでしょうか。


 ここでは、マーケティング脳の鍛え方として、考え方を変化させることについて紹介しました。消費者の目線で、マーケティングに取り組むことで、よりよいマーケティングの施策が打ち出せるようになるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する