1. 本当に欲しいものはドリルではなく穴!顧客のニーズを掴むことの重要性

本当に欲しいものはドリルではなく穴!顧客のニーズを掴むことの重要性

 マーケティングで重要なこととして、顧客のニーズをしっかりと掴むことが挙げられると思います。しっかりとした調査を行い、ニーズを正確に掴む必要があるでしょう。ここでは、有名なマーケティングの言葉を取り上げ、マーケティングにおけるニーズの重要さを紹介します。

ドリルではなく穴が欲しいのが顧客

 マーケティングで有名な格言として、「ドリルを買いに来た人は、ドリルではなく、穴を欲しがっている」という言葉があります。つまり、顧客は、その商品自体が欲しいというよりも、その商品によって、どのような満足考えられるのか、もしくは、どのような結果が得られるのかが重要になるということになります。

ニーズをしっかりと掴む

 ドリルで穴を開けたい人は、どのような穴を開けたいと考えているのでしょうか。たくさんの穴を一度に開けたい人は、たくさんのドリルが付いたものを買う必要があります。このように、顧客のニーズをしっかりと聞くことが重要になります。また、その中で、「本当に小さい穴を開けたい」という人であれば、ドリルではなく、千枚通しをおすすめするべきです。このようにニーズをきっちりと掴むことが、マーケティングにおいて重要になるということではないでしょうか。


 ここでは、マーケティングの格言として有名なドリルの話から学ぶ、ニーズを掴むことの重要性を紹介しました。しっかりとニーズを掴むことで、最適な商品や、新商品の開発に繋がるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する