1. 理想的な"人生"歩むために!自分のキャリアに悩みを抱えるビジネスマンが今一度確認すべきポイント

理想的な"人生"歩むために!自分のキャリアに悩みを抱えるビジネスマンが今一度確認すべきポイント

by Gruenewiese86
 仕事に対する悩みというものは、大きさの違いはあれど働く人なら常に抱えているものです。特にキャリアに関する悩みは仕事に対して、真摯に向き合っているほど直面する悩みであり、頭を悩ませる厄介な問題です。

 キャリアを考えるということは、自分の人生と向き合う作業ですから、軽々しく考えるわけにはいきません。悩んでいるうちに、どんどん頭が混乱してしまうこともあるため、悩みを一度整理して向き合うことが解決の近道になります。今回は、自分のキャリアに悩みを持っている人が今一度、確認すべき点について解説します。

仕事の位置づけ

 自分の人生の中で仕事の位置づけをどうするのかを考えておくことが、キャリアに関する悩み解決の第一歩です。仕事を重要なものだと考えているだけでは、キャリアと人生の関わりを考えることはできません。

 仕事のキャリアは、人生に重大な影響を与える問題でもあるので、人生における仕事の位置づけを考える作業がキャリアを考えるスタートになるでしょう。何をおいても仕事第一と考えるのであれば、キャリアは人生において最優先に考えられるものになるでしょうし、仕事よりもプライベート優先と考えるのであれば、キャリアは家庭生活に支障をきたさない範囲に収めることを第一に考えて計画する必要があります。

 人生における仕事の位置づけがはっきりしなければ、キャリアプランを考えることは不可能です。これは生き方に関する重大な問題であり、簡単に結論が出るような問題ではありません。時間をかけてじっくりとよく考えることが、ライフプランとキャリアを考えるための土台をつくるのです。

市場価値

 キャリアを考えるということは、自分という労働力を労働市場でどのように販売していくのかを考える作業ととらえることもできます。キャリアプランの問題は、時として主観的な見方に捉われがちですが、自分にとって望ましいキャリアプランが労働市場で受け入れられるとは限らず、どこの会社からも全く声がかからないという事態も考えられるでしょう。

 キャリアを、より自分に有利な形に形成するためには、市場価値を高める努力が必要です。スキルや知識を身につけることで価値を高めたり、現在携わっている仕事で実績を上げたり、待遇の悪い仕事でも我慢して修行を続け、希少な技術を習得したりといったように、市場価値を高める方法は様々あります。

 自分の働きたいという気持ちにばかり注目せず、雇用者が雇いたいと思うような人材になることが、キャリアプランを豊かなものにするのです。


 キャリアに対する悩みは、働く人が常に抱えている悩みです。たくさん悩むことが熟慮に繋がり、より良いキャリア形成の可能性を高めます。

 悩むことは悪いことではありませんが、悩みすぎて生活に支障をきたしてしまのは本末転倒です。悩みに行き詰った時は、いったん足を止めて自分の仕事を振り返り、人生と仕事との関わりを見つめ直してみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する