1. ミスを繰り返すのは習慣のせいかも!?仕事でミスが重なる人に共通する悪い習慣

ミスを繰り返すのは習慣のせいかも!?仕事でミスが重なる人に共通する悪い習慣

by saitowitz
 仕事で失敗をしてしまうことは誰にでもあることでしょう。しかし、そのミスを再び繰り返してしまうかどうかでその人の評価は変わってきます。ここでは、仕事のミスが重なる人に共通する悪い習慣とその改善方法について述べていきます。

反省をしない

 ミスを繰り返してしまう人の特徴として、反省をしていないということがあります。仕事のミスを反省していないということは、そのミスがミスであったということに気づいていないという場合もあります。

 そのような事態を避けるためにも、ミスを犯してしまったことで自分や周りの人、そして会社にどんな影響があるのかについて考えてみましょう。一つの仕事が多くの仕事に関わっているという場合があります。そんな時には、自分のたった一つのミスで会社全体のミスへとなってしまうのです。自分がミスを犯すことの重大さを知り、その上でミスをしてしまったことを反省しましょう。

原因を探らない

 次に、原因を探らない人がいます。ミスを犯して、反省はしていても原因を分からないままにしてしまうと、またそのミスを繰り返してしまったり、同じ事態に出くわした時にそれに対する対策が考えられなかったりしてしまいます。

 それを避けるためにも、ミスをしてしまったら、そのミスはなぜ陥ってしまったのかについて検討しましょう。じっくりと自分がそのミスに至ったプロセスを思い返してみることでその原因が見つかります。

対策を立てない

 最後に、対策を立てない人もまた同じミスを繰り返してしまいます。ミスが起きてしまった時の対策を立てなければ、同じ状況に出くわした時にまた同じことをしてしまったりします。また、ビジネスシーンでは予測出来ないことも良くおきます。そのような時に、自分で対策を立てる力が身に付いていないと、大きな失敗をしてしまうでしょう。

 ミスをしてしまったら、それに対する対策を考えましょう。原因を検討したらそれにそってどうすればミスを防ぐことが出来るかについて考えます。そこで大切なのは、自分でその対策を立てることです。自分の思考を鍛える力が身に付き、スキルアップにつながります。


 上記のように、ミスを繰り返してしまう人というのは悪い習慣を行なってしまっているのです。同じミスを繰り返さないためにも、上記のことを参考に悪い習慣を断ち切りましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する