1. あなたはどっちのタイプ?リーダーシップとメンバーシップの違い

あなたはどっちのタイプ?リーダーシップとメンバーシップの違い

 組織で仕事をしていく中で必要なスキルとして、メンバーシップとリーダーシップがあります。役割として、自分がどちらのタイプであるのかを意識し、違いを明確に理解しておきましょう。ここでは、組織で働く上で知っておきたいリーダーシップとメンバーシップの違いを紹介します。

周りをまとめるのがリーダーシップ

 リーダーシップは、周りをまとめるために必要なスキルやマインドのことを指します。周りを率いるための目標や目的を意識させることや、また、組織のメンバー同士のコミュニケーションの仲介役となることがリーダーシップと言えるでしょう。

組織の一員として力を発揮するメンバーシップ

 周りを引っ張っていくようなリーダーシップに対して、組織の一員として力をはっきするための能力やマインドがメンバーシップと呼ばれるものです。メンバーシップでは、リーダーの掲げる目標にしっかりと理解を示すことや、また、組織として、全体を見ながら、チームで意見をまとめてリーダーに提案する力も必要になります。


 ここでは、リーダーシップとメンバーシップの違いを紹介しました。メンバーシップとリーダーシップ、どちらが自分に適性があるのかを見極め、自分に合った仕事の仕方をしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する