1. 3年から5年先のことを想像してみる!理想的なキャリアを構築するための基本的な考え方

3年から5年先のことを想像してみる!理想的なキャリアを構築するための基本的な考え方

 仕事をする上でキャリアアップをしたいというのは誰もが抱く感情でしょう。しかし、世の中にはキャリアアップ出来る人と出来ない人がいますよね。ここでは、キャリアアップを実現するために身につけたい基本的な考え方について述べていきます。

自分自身について考える

 キャリアアップと一言に言っても、年代や職業によって違う人生のステージにあり、一言で「このようにしたい」と考えていてもなかなかその時々の自分のニーズにマッチしない事も予想されます。

 キャリアアップを考える上で、自分の仕事を極めていくという一貫性を持つのは大変大事なことですが、「自分の決めた道が自分の適性に合っているのか」「自分のライフスタイルにマッチするものなのか」という点が分かっていなければ、途中で挫折する可能性もあります。また、自分の置かれた状況に変化が生じた場合に柔軟に対応できないことがあります。

 まずは、自分自身をよく理解しているか、という点からキャリアプランを考えていきましょう。自分の特性や興味や能力、人生の中での仕事の位置づけ等を人とのコミュニケーションを通じて自分自身を知るという事も大事な要素です。

外部環境の変化を感じる

 世の中は絶えず動き、数年の間に社会が大きく変化することは珍しくありません。自分自身のキャリアアップを考えるということは3年先や5年先、10年先も視野に入れてプランニングしていくことです。いくらその時の状況でキャリア形成を考えたとしても、10年後に全く価値観の違う社会になっていた場合対応できなくなってしまいまうことがあります。

 そのような状況を避けるために、新聞やニュース、人との雑談等の中で社会の動きを肌で感じ自分のキャリアプランと照らし合わせて逐次検証していきましょう。社会の動きに自分を関連づけて考えられる能力はキャリアアップに重要な要素です。

その場その場で自分を振り返る

 人生のステージが変わる中で自分のキャリア形成は正しいか、自分にマッチしているか、自分の能力と照らし合わせながら自分自身を振り返る能力を身につける必要もあります。キャリアプランを考えるという事は、自分自身を知りその時々に柔軟に対応し自分自身を変化させていく事です。自分を常に振り返り、修正点があれば修正するという考え方を持ちましょう。


 キャリアップを考える人は、上記を参考に基本的な考え方を身につけて夢を現実に出来るようにしていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する