1. 予期しない仕事が出来ても大丈夫!混乱せずに仕事の段取りを整理するコツ

予期しない仕事が出来ても大丈夫!混乱せずに仕事の段取りを整理するコツ

by mrhayata
 ビジネスシーンにおいて、突発的に仕事を依頼されることもありますよね。そんな時に混乱してしまって仕事が予定通りに進まないことがありませんか。ここでは、混乱することなく仕事の段取りを整理するコツについて述べていきます。

予定を立てた仕事の段取り

 予定を立てた仕事の段取りは、着手から終了までの工程とスケジュールを事前に確認して仕事を進めていきましょう。しかし、仕事の質や量によっては一日で終わる仕事もあれば、何日間かを必用とする仕事もあります。そこで、段取りを組む際は予定や進捗を考慮しましょう。進捗の区切りの段階で一度進捗状況を整理することで、進捗状況とこれからの段取りの見直しやスケジュールの確認ができます。

 全体の工程のうち、どの程度進んでいるのかを確認することで、スケジュール通りに間に合うのか、間に合いそうにない時はスピードアップしたりもしくは周りの人に手伝ってもらえるか等とトラブルが起こる前に策を講じる段取りが出来るようになります。予定を立てた仕事の段取りを途中で一区切りつけることで、段取りの整理をしてみましょう。

突発的に振られた仕事の段取り

 仕事というも、予定通りも進まないケースが多々あり仕事を依頼されて参ったという体験をされた方も多いでしょう。予定していた仕事を進めながら突発的に振られた仕事を言われるがままに着手して段取りが上手くいかなくなってしまうということが多くあります。

 そういった状況を避けるために、まずは仕事の優先順位を知る必要があります。そこで、突発的に仕事を依頼された時点で仕事の期日をしっかりと確認しましょう。一週間ほどの期間を設けて余裕を作ることが望ましいですが、どうしても突発的に依頼された仕事の期日を優先的に求められた場合は、他の仕事を延ばさなければなりません。その場合は、その仕事を組み込んでスケジュールを組み直しましょう。

全体の進捗状況を確認する

 全体の進捗状況を確認することは、仕事の段取りを整理する際に最も重要なポイントです。段取りでは予定・進捗・確認の繰り返しが重要です。予定通りに進んでいるかどうか一日の終わりに進捗状況と次の日予定の段取りを立てることで、常に期日を意識して仕事を進めることができます。


 もし予期しない仕事を依頼されても、混乱することなく仕事の段取りを整理するためには上記のことを参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する