1. 【はっきりと断るために!】上司から依頼された仕事を断る理由の言い方

【はっきりと断るために!】上司から依頼された仕事を断る理由の言い方


 仕事を頼まれたときに、なかなか断れないという人も多いのではないでしょうか。仕事が少ないとくはいいのですが、仕事が多いときは、自分で抱え込む量が増えてしまい、ミスに繋がってしまうこともあるでしょう。ここでは、仕事を断るときに、相手が不快に思わないような理由の付け方を紹介したいと思います。

理由をはっきりと言う

 仕事を依頼してくる人は、その人が現在どのような境遇であるのかを知らない場合が多いです。理由を言わずにただ「ちょっと難しいので」と断ってしまうと、相手も納得が行かないのではないでしょうか。仕事が忙しいのであれば、現在どのような仕事を抱えているのかを説明することで、相手も納得してくれるでしょう。

代役を紹介するかアドバイスをする

 代役を紹介したり、その仕事をする上でのアドバイスをすることも断るときは重要です。ただ断ってしまうと、相手も次の依頼先を考える必要があり、路頭に迷ってしまうことも少なくありません。断る場合でも、相手にメリットを与えることで、人間関係は保たれ、断るときの罪悪感も減ります。


 ここでは、相手に不快に思われない仕事を断る理由の付け方を紹介しました。人間関係は、仕事をする上で重要ですので、壊さないように依頼を断るようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する