1. 「業務」は目標であり「仕事」は実務!意外と知られていない2つの言葉の違い

「業務」は目標であり「仕事」は実務!意外と知られていない2つの言葉の違い

「業務」は目標であり「仕事」は実務!意外と知られていない2つの言葉の違い 1番目の画像

 「仕事」と「業務」の違い、あなたは説明できるだろうか?

 この2つの言葉には明確な違いがあり、それぞれの言葉を使い分けることが仕事効率を上げることに繋がる。

 今回は、効率的に仕事を行うために「仕事と業務の違い」について解説したい。

業務は目標、仕事は実務

本記事のまとめ

  • 「業務」とは、自分が遂行すべき目標となるものであり、会社から与えられるもの
  • 「仕事」とは、業務を遂行するための手段であり、自ら作り出すもの

 まず「業務」とは、自分が遂行すべき目標となるもののことを指している。

ぎょうむ【業務】
日常継続して行われる職業上の仕事。 「日々の-に励む

出典:業務(ギョウム)とは - コトバンク

 「業務」は、日常継続して行われる職業上の仕事を意味し、ビジネスにおいて、「業務=会社から与えられるもの」と解釈することができる。

し‐ごと【仕事】
《「し」はサ変動詞「す」の連用形。「仕」は当て字》
1 何かを作り出す、または、成し遂げるための行動。「やりかけの仕事」「仕事が手につかない」
2 生計を立てる手段として従事する事柄。職業。「将来性のある仕事を探す」「金融関係の仕事に就く」
3 したこと。行動の結果。業績。「いい仕事を残す」
4 悪事をしたり、たくらんだりすること。しわざ。所業。「掏摸(すり)が集団で仕事をする」
5 《「針仕事」の略》縫い物。裁縫。
「お前急に一つ―をしてくれんか」〈紅葉・多情多恨〉
6 力学で、物体が外力の作用で移動したときの、移動方向への力の成分と移動距離との積。単位はエネルギーの単位ジュール、その他ワット秒・ワット時など。

出典:仕事(しごと)とは - コトバンク

 また、「仕事」の意味をみてみると、「何かを作り出す、成し遂げるための行動」とある。つまり、目標を成し遂げるために自ら行う行動のことだ。

 「業務=会社から与えられるもの」という認識を持った上で、「仕事」という言葉の意味について説明したい。

業務を遂行するための手段が「仕事」

 会社から与えられている自分の目標である「業務」だが、それに対して「仕事」には、業務を遂行するための手段という意味がある

 普段あまり意識してみないとわからないかもしれないが、仕事とは「自分で考え出すもの」である。

 どのようにすれば与えられた業務を遂行することができるのか?という方法を“作業”に落とし込み、その作業を自分なりに工夫したり、人にアドバイスをもらったりしながら行うことが仕事なのだ。

業務は会社から与えられるもの、仕事は作り出すもの

 ビジネスシーンでは往々に「仕事を与えられる」という表現をすることがある。しかし、その表現でいう“仕事”とは「与えられた作業」というのが正しい。

 それでは、どんなことが仕事といえるのだろうか?

いかなる仕事でも“クリエイティブな要素”を内包している

 指示通りに行えば業務を遂行することはできるが、それは仕事とはいえない。

 より効率良く作業を行う方法を考え出す、あるいは新しい作業の手順を考える、それこそが「仕事」なのだ

 私たちの抱える全ての仕事は、“クリエイティブな要素”を内包している

 そして自分なりに考え出したシステムに従って作業を実行することによって、はじめて「仕事をする」ということになるのだ。

「与えられた作業」を「仕事」に変えるには?

 与えられた作業においても、自分なりの解釈を加えることによってその質を高めることができる。

 つまり、作業を与えた人が求める結果に対して、より付加価値をつけて結果を出すということだ。これも仕事の一環といえる。

求められる以上の結果を出してこそ“仕事”といえる

 与えられた業務で本当に求められている結果を出すためにも、指示された作業を見直す必要がある

 場合によっては「業務」へのアプローチの仕方が変わるからだ。ここでも「仕事」が求められる。業務達成のためには、どのような手順で進めればよいのか、必要な作業は何かを考えてみよう。

 そして求められる以上の結果を出したとき、はじめて自分のやったことが「仕事」と呼べるものになるのだ。


 業務とは会社から与えられた目標であり、そしてより良い結果を出すための指標となるものである。

 業務という目標を達成するために「仕事」と「作業」を分けて考えることによって、自分が求められているものを可視化できるようになるのだ。

 本記事を参考に業務と仕事の違いを知り、より効率的に「仕事と呼べる仕事」を行おう。




転職してキャリアアップを目指す!スピードを意識した転職なら「CONNECT(コネクト)」

「業務」は目標であり「仕事」は実務!意外と知られていない2つの言葉の違い 2番目の画像

 「キャリアアップを目指したい」「環境を変えてチャレンジしたい」という人は、転職エージェント「CONNECT(コネクト)」がおすすめ。

 「CONNECT」の最大の魅力は、企業の採用決裁者に直接会うことができるスピード転職だ。

 自分の挑戦したいことや転職後成し遂げたいことが比較的明確な人は、実際に採用決裁者にダイレクトに会って話せるため、自分の期待値と企業側の期待値をすり合わすことができる。

 また、日々の業務が忙しく、転職活動に時間を避けない人でもダイレクトに会うことができるという点は、転職活動を効率的に行うには有効である。

 「自分のスキルを活かして更にパワーアップしたい」「職場を変えて、新しいスキルを身につけたい」といいう人は、ぜひ一度チェックしてみるといい。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する