1. 「業務」は目標であり「仕事」は実務!意外と知られていない2つの言葉の違い

「業務」は目標であり「仕事」は実務!意外と知られていない2つの言葉の違い

by BONGURI
 あなたは、仕事と業務の違いがわかりますか。このふたつには明確な違いがあります。この双方を具体的に使い分ける認識を持つことによって、仕事効率を上げることが出来ます。ここでは、仕事と業務の違いについて述べていきます。

業務は目標、仕事は実務

 業務とは、自分が遂行すべき目標となるものです。会社から与えられるものという認識を持ってください。そして、その目標である業務をどのようにして遂行するかという手段が仕事です。仕事というのは実は、「自分で考え出すもの」なのです。どのようにすれば与えられた業務を遂行することができるのか、その方法を作業として教えもらったうえで、その作業を自分なりに行いやすく工夫することが仕事です。

仕事は作り出すもの

 よく、「仕事を与えられる」という表現をすることがありますが、正確には「作業の仕方を指示される」です。その通りに行えば業務を遂行することはできますが、それは仕事ではありません。より効率良く作業を行う方法を考え出す、あるいは新しい作業の手順を考える、それこそが仕事です。仕事とは大変クリエイティブな要素を含んでいます。そして自分なりに考え出したシステムに従って作業を実行することにより、「業務をこなす」という事になります。

業務でも仕事をする

 与えられた業務においても、自分なりの解釈を加えることによってその質を高めることができます。求められる結果に対して、より付加価値をつけるということです。これも仕事の一環と言えます。与えられた業務の意味を考える時や、そこで本当に求められることは何かを考える時に、目指すべき結果が少し違うものになることもあるでしょう。

 そこで、指示された作業にも見直しが必要になります。場合によってはアプローチの仕方が変わるからです。ここでも「仕事」が求められます。どのような手順で進めればよいのか、必要な作業は何かを考えてみましょう。そして求められる以上の結果を出すということが仕事です。


 上記から、業務とは与えられたヒントにすぎないと言うことができます。そしてより良い結果を出そうと考え出します。そして、仕事と作業を分けて考えることによって、自分が求められていることは何かということもわかります。そのため、上記を参考に業務と仕事の違いを知り、より効果的に仕事を行いましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する