1. 誰にも気づかれず簡単リフレッシュ!仕事中に「頭が働かないな…」と感じた時の対処法

誰にも気づかれず簡単リフレッシュ!仕事中に「頭が働かないな…」と感じた時の対処法

by kennymatic
 連休明けや疲労が溜まっているときなど、誰しも「今日は何だか仕事をしていても頭が働かない…」と感じることがあるでしょう。日頃、どんなに「デキる」人であっても、時として「頭が働かない」ということはあるもの。頭が働かない状態のまま仕事を進めていけば、当然効率は低下しますし、ミスも生じやすくなってしまうでしょう。

 「頭が働かない」という状態は肉体的なものですので、それを改善するのもフィジカルな方法に頼るしかないでしょう。ここでは、2つの方法を紹介します。

ふくらはぎマッサージ

 足のふくらはぎが「血流のポンプ」と呼ばれていることを知っているでしょうか。ふくらはぎを刺激することで、全身の血流が改善されるのです。ふくらはぎというのは、目立たない小さな部位ですから、職場でそこを刺激するのは、さほど難しくないでしょう。

 ただし、ふくらはぎは敏感な部位ですので、強く刺激するのは避け、やさしくマッサージしましょう。男性の中には、マッサージをすることを遠慮する人がいるかもしれません。そういう人は、椅子に座ったまま、足首を動かし、ふくらはぎの筋肉を動かすだけでも効果があります。席を離れ、つま先立ちを何度か繰り返しても良いでしょう。

 普段、意識することのないふくらはぎですが、このようにマッサージや運動をすることによって、「ポンプ」の役割りを果たしてくれます。全身の血流が良くなるため、脳にも血が巡り、活性化するのです。また、同様に肩や腕、背中の血流が改善された結果、「肩こり軽減」という、思わぬ副次的効果もあります。

顎を動かす運動

 次におすすめしたいのが、「顎を動かす運動」。よく、欧米のスポーツ選手が、ガムを噛みながらプレーしているシーンを見るでしょう。あれはガムを噛むことでリラックスするとともに、脳を活性化し、集中力を高め、正確な判断ができるようにしているのです。

 しかし、職場でガムを噛みながら仕事をするのは現実的ではないでしょう。ですから、デスクで、仕事を一時中断して、顎を動かす運動をするのです。顎を、左右に何度か大きく動かし、上下にも動かしてみましょう。よく、アナウンサーなどが滑舌の訓練のために行う「アエイウエオアオ」という発声。あれを、声を出すことなく無音で、顎だけ動かす運動を繰り返すのも効果的です。

 無言の「アエイウエオアオ」を10秒行っただけでも、違ってくるはず。大事なのは、「頭を活性化するための運動」という意識を強く持つことです。その意識が、より大きな効果を生むでしょう。


 上記の2つは、他の人にほとんど気づかれることなく、実行できる方法です。仕事の最中、「今日は頭が働かないな」と感じたとき、ちょっと試してみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する