1. まずは断る勇気を持とう!頼まれた仕事を断る方法

まずは断る勇気を持とう!頼まれた仕事を断る方法

by Takashi(aes256)
 ビジネスシーンにおいて、仕事を引き受けるということは良くありますよね。しかし、いつでも自分の仕事に余裕があるという訳ではなく、どうしてもそれを引き受けることができない場合もあります。ここでは、頼まれた仕事を断る方法について述べていきます。

他に回せる時間が無いことを伝える

 仕事を引き受けられない時には、自分にはもう他に回すことが出来る時間がないことを伝えて断る方法があります。この問題には人間関係が関わってきます。そのため、断りづらい状況もあるでしょう。しかし、自分の仕事で手一杯の時に他の仕事を引き受けてしまったら、その仕事が終わらず最悪の結果を招いてしまうことになります。

 そういった時には、素直に自分に時間がないことを伝えましょう。そうすることで相手も理解を示してくれるでしょう。

タイムスケジュールを作っておく

 口頭で言ってもそれが通用しない場合もあります。そんな時には、自分のタイムスケジュールを見てもらうことが頼まれた仕事を断る上では有効です。タイムスケジュールを作成することで、自分がどれだけ仕事を抱えていてそれをどうこなすかの指標になるだけでなく、仕事を断りたい時にもそれを相手に示すことが出来ます。

いつ頃であればできるかを伝える

 もし、少しであればその仕事を引き受ける余裕が合った場合、時間の交渉をすることも重要です。今すぐ行なうことは難しくても、1時間後や明日であればできるとっいったように柔軟な対応をしましょう。もし今すぐやる必要のある仕事であれば、相手もその対処法を考えることが出来るようになります。

 さらに、まずは頼まれた仕事を受けるというスタンスを取るため、ただ無理だと伝えるよりもはるかに印象が良く、人間関係に影響をあたえる心配もありません。


 仕事を引き受けることが出来ない時は、断る勇気を持つことも大変重要です。上記のことを参考に、断ることが出来るようになりましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する