1. "聞けない"悩みをゼロにする!「仕事のわからない…」をなくす環境づくりの方法

"聞けない"悩みをゼロにする!「仕事のわからない…」をなくす環境づくりの方法

by mrhayata
 仕事を行う上で、どうしてもわからないことが生じることがありますよね。そのような時には、周りの人に聞くことが最も良い方法です。しかし、その環境づくりを普段からしている必要があります。ここでは、仕事でわからないことが生じた時に聞くことのできる環境づくりの方法について述べていきます。

日頃から上司とコミュニケーションをとる

 上司にも様々なタイプがいて、明るく優しい上司であれば接しやすいかもしれませんが、気難しい上司だったり短気な性格の上司だったりすると、わからないことを聞くことを気兼ねしてしまうこともあるかもしれません。しかし、どんな上司にも聞くことの出来る状況が望ましいですよね。

 そこで、積極的に上司とコミュニケーションをとりましょう。苦手な上司であっても、毎日顔を合わせてコミュニケーションをとることで、その人の本質を見ることが出来たり、意外な一面を目にすることで印象が変わってきます。まずは簡単な挨拶からで構いません。誰しもコミュニケーションを嫌うことはありません。少しでも上司に声をかけやすくなるような関係性づくりのために日々の努力が大切です。

自分の業務に責任感を持つ

 分からない仕事を目前にして、それを上司に聞くことなく自分の判断で作業を済ませてしまうということは、大変リスクの伴う行為です。わからないことを聞かないことで取り返しの付かないミスに繋がってしまうことは多くあります。組織の中では個人のミスが、会社全体影響していきます。

 社会人たるもの、自分に与えられた業務に対してはしっかりと責任を持たなければいけません。その責任感があれば、わからない仕事をわからないまま放置することはないでしょう。まずは自分の意識を変えることで、真摯に仕事に取り組むことが出来れば、周りの自分に対する意識も変わっていきます。自分が変わることで仕事を聞きやすくなる環境が出来てきます。

上司に声をかけるタイミングを見計う

 日頃から積極的にコミュニケーションをとり、仕事に対しての責任感をしっかり持てるようになったとしても空気が読めるようにならないと失敗をしてしまうことがあります。声をかけられる上司の側にも、声をかけられても良いタイミングと良くないタイミングというものがあります。

 明らかに忙殺を極めている状態で助言を求めると上司に迷惑がかかってしまいます。そうすることでわからない仕事を聞けなくなってしまったり、上司との人間関係にヒビが入ってしまうこともあります。そこで、臨機応変にしっかりとタイミングを見計れるようになりましょう。


 わからないということは誰にでもある状況です。そんな時のために、上記のことを参考に日頃からわからないことを聞ける環境づくりをしていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する