1. 劇的変化は必要ない!仕事環境を身の回りから改善していく簡単な方法

劇的変化は必要ない!仕事環境を身の回りから改善していく簡単な方法

by BONGURI
 何事においても、環境というのは大事な要素となります。自分のやる気や能力だけでなく、効率面においても環境というのは重要な役割を果たすからです。

 もちろん仕事においても同様で、仕事の環境如何によって成功が左右されると言っても過言ではありません。では、その大切な仕事環境が悪いと感じる時に、どんな工夫が出来るでしょうか。まずは、身の回りの事から考えてみましょう。

環境づくりは整理整頓から

 どんな仕事であっても作業効率を上げるためには、その仕事を行う周りの整理整頓が重要です。

 なぜ整理整頓が大切なのでしょうか。それはやはり、整っている環境は人間に落ち着きを与えてくれるからです。逆に、何がどこにおいてあるのかわからないような場所では、何かを探そうとしたときになかなか見つからない事があったり、それによって焦ったりイライラしてしまうため、精神的にもあまり良いことではありません。そのため、整っている環境というのは大切なのです。

自分の好きな物を置く

 会社がそれを許可してくれている場合に限られますが、仕事環境が悪いと感じた場合、自分の周りに自分の好きな物を置く事は効果的です。

 ちょっとした雑貨でも構いませんし、自分が使う物を好みの物で揃えてみる事も良いでしょう。仕事の効率は精神状態によっても大きく左右されますから、自分の精神状態が穏やかに保てるような環境を作り出す事を工夫しましょう。

余裕をもって出社する

 仕事に対してのモチベーションが落ちてきてしまうと、全ての歯車が上手に回らなくなります。朝起きれなくなり、仕事に行きたくないと感じるようにもなります。また、以前は余裕をもって出社していたのにギリギリに出社するようになってしまい、それを同僚や上司から指摘されて嫌な気持ちになるという具合に、全てが負の影響へと感じてしまうようになってしまうものです。

 気持ちに余裕を持つためには、時間的に余裕をもって出社する事が大切です。早く会社につけば、その日の仕事のスケジュールを確認し直すことも出来ますし、頭が冴えている朝ですから、もしかしたら出社途中に新たな発見があるかもしれません。

 そうすると、些細な変化でも敏感に気が付けるようになり、精神的に余裕が生まれる可能性が高くなります。仕事の環境を変えると言っても、なかなか自分一人では難しい時がありますが、身の回りの事なら工夫次第で色々な事が出来ます。自分なりの工夫を見つけてみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する