1. ストレスフリーで働こう!仕事中にイライラしてしまった時の対処法

ストレスフリーで働こう!仕事中にイライラしてしまった時の対処法

by Wajahat Mahmood
 仕事中にイライラしてしまうことはありませんか。仕事中にイライラしてしまうと、仕事がはかどらないだけでなく、そのことにさらにいらいらしてしまってさらにイライラが増すという負の連鎖に陥ってしまいます。ここでは、仕事でイライラしてしないための方法について述べていきます。

原因を知る

 イライラの種類は様々ですが、どんな場合であっても現状に何かしらの不満がある事で発生しています。また、目先の事だけでなく様々な不満が連鎖して起こってる場合も多くあります。そこでまずはイライラの原因となっている事を整理しましょう。整理するだけでも冷静になれイライラしないようになる事もあります。次にイライラの原因が、個人的な理由なのか他人が原因なのかで分けてみましょう。

個人的な理由でイライラしている場合

 個人的な理由とは、「自分の仕事が溜まっていて時間に追われている」「仕事とは関係無い事で不満を抱えている」等です。個人的な理由である場合は、余りに異例な事でない限り職場でイライラする事自体が問題であり、自分の事情で雰囲気や仕事効率を悪くしている、周りに理不尽な迷惑を掛けているということを自覚しましょう。それを自覚することで、イライラしないようになります。

他人が原因でイライラしている場合の対処法

 他人が原因でイライラしている場合は、相手により対処法が異なります。まず部下等の言動等が原因でイライラしてる場合は、問題があるならばその都度はっきりと伝えて原因を消し、イライラを長引かせない事がお互いの為にも大切です。また部下の小さなミスや経験が少ない事で起きるミス等であれば、ある程度は仕方無いと少し寛容的に考える事を心掛けることもイライラしないようになるコツです。

 次に上司やお客等の自分より立場が上の人の言動等が原因でイライラしている場合も、言いにくくても問題があるのであればはっきりと伝える事が望ましいです。なぜならば、こういった場合のイライラというのは口に出せない事が原因となっている事が多いからです。しかし、内容や状況によっては言えない事もありますよね。その場合は仕方ないと諦め、親しい相手に愚痴を聞いてもらったり、趣味等で気晴らしを行ったりして発散し緩和させる事が大切です。発散もせず溜め込んでいることがさらなるイライラを招いてしまいます。


 仕事中にイライラしていることは悪影響しか生まず無意味です。上記を参考に自分に合った対応をし、快適に仕事をこなせるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する