1. これであなたもできる人に!仕事の効率を落とさないようにマルチタスクを行う3つのコツ

これであなたもできる人に!仕事の効率を落とさないようにマルチタスクを行う3つのコツ

by VinothChandar
 複数の作業や仕事を同時に行うマルチタスクが近年注目されていますが、このマルチタスクは誰にでも効率的なツールではありません。理論的にいくつもの仕事を同時に並行して行えたら、こなせる仕事の量も倍増するので一見すると魅力的です。実際にこのマルチタスクで効率的に仕事をまわしている有能な人もいます。

 しかしこのマルチタスクを行ってみたけれど逆に一つの仕事に集中できず、さらにすべての仕事を中途半端になって全体の仕事のクオリティが落ちたなんていう意見もあります。実際にマルチタスクで仕事をしきれている人は全体のマイノリティといえます。マルチタスクを上手にまわせるコツについて考えましょう。

1.マルチタスクで仕事の効率が落ちないようにするために

 マルチタスクをしたことによって集中できずに仕事の完成度が落ちたという例は本末転倒です。日本人的な感覚はいくつもの仕事に手を出すよりも一つの事を集中的に続けることが向いているのかもしれません。しかし、仕事上の働き方の中で生じるロスや無駄は効率的に省いたり活用したいもの。無理にマルチタスク的な仕事の仕方をする必要はありませんが、マルチタスクを行うことで改善できることもあるのです。

2.集中力を切れさせないことが秘訣

 マルチタスクをしたからどの仕事にも集中できないということではなく、一つの仕事に集中していて、ある程度の時間が経過すると集中力が切れてくるポイントがあります。人間の集中力は持続して1,2時間といわれています。

 しかし、ここで一旦その仕事を切り上げてあえて別の仕事をはじめてみると意外と集中できるものです。むしろ一つのスパンで行いきれない仕事を数日に分けて行うことで無理なく貫徹できることもあるのです。マルチタスクが得意な人はそういった力の分散の仕方が非常に上手といえるでしょう。

3.仕事を計画的に管理する

 上述の点はマルチタスクに慣れるためのコツです。真にマルチタスクを体得するためには気分で仕事を変えるというスタンスではいけません。自分の集中力の持続はどの程度かを把握しその上でどのようにいくつもの仕事を運営するかを管理することが真のマルチタスクを上手にまわすことといえるでしょう。そのためには仕事量を把握し、その仕事をこなすにはどれだけの時間が必要かを見通す力が求められます。


 マルチタスクを上手にまわせるようになるには、マルチタスク作業に慣れていくことがまず大切です。その次に、その中において自分の集中力と業務量を推し量り、計画的に仕事を進めていくことを重視していきます。マルチタスクの最大のコツは自分と仕事との関係をバランスよく見ることです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する