1. リーダーシップを「強化」するために管理職が意識したい2つのマインド

リーダーシップを「強化」するために管理職が意識したい2つのマインド

by gouta.
 日本の経済状況は、厳しい状態が長く続いています。こういった中で、企業の管理職が、リーダーシップを発揮することができれば、企業の経営力、収益力に大いに貢献することができるようになります。とはいっても、企業での管理職の多くは、多くの業務を抱え、その上で後輩の育成にもあたり、リーダーシップも発揮しなければならない状態になっています。

 過酷な状況ではありますが、管理職がリーダーシップを強化することができれば、職場の活性化、さらには企業全体の業績アップにもつなげることが可能になります。どうすれば強化していくことができるのでしょうか。

リーダーとは特別な存在ではないことを意識する

 リーダーというと、カリスマ性があって、誰からも信頼されて、人望が厚い人がなれるというイメージを持っている人も多くいるかと思います。しかし、そんな人が、企業の中に、何人いるのでしょうか。もしかすれば、一人も該当しないかもしれません。リーダーとは、何もそんなに特別な何かを持っていなければなれないという存在ではないのです。きちんとポイントさえ押さえることができれば、誰でも、リーダーになれます。

 そのポイントとは、会社の目標や目的をきちんと考え、それを目に見える化し、ほかの社員に説明できる存在なのです。これであれば、条件を満たすことのできる人が、企業の中でも多くいるのではないでしょうか。つまり、管理職がリーダーシップを強化したいと考えるのであれば、このポイントをしっかりと押さえることです。目標や目的をきちんと決めて、優先順位を決め、それを維持することです。

チームの士気やモチベーションをあげるよう心がける

 若手社員や新入社員のやる気を向上させ、保つことは、リーダーシップを強化するためには重要なポイントになります。企業は、そもそも人で成り立っていますから、一人一人がやる気になって業務に取り組んだ場合、何倍、何十倍もの利益を生み出すことになります。そのためにも、チームの士気やモチベーションをあげることは大切なことなのです。

 会社は、自分とは全く違う人たちの集団ですので、物事に対する考え方や感じ方も人それぞれで、思いもつかないような考え方を目の当たりにすることもあります。しかし、それはそれで受け入れてあげることが大切です。こういった違いを受け入れるためにも、一緒に話し合うということが、重要になります。コミュニケーションをとるための食事会でも、飲み会でもいいです。または、朝礼を毎朝するようにするということでも、部下の考え方を知ることのできる機会になります。


 とにかく、一緒に話し、どんなことを考えているのか、抱えている問題があるのかということを知ることは、リーダーとして引っ張っていくためには、必要なことになるのです。そして、皆で目標を達成していく姿勢を取る事がリーダーシップを強化する最大の要因と言えるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する