1. 2人の活躍しているリーダーの事例から学ぶ!リーダーシップを発揮するために必要なこと

2人の活躍しているリーダーの事例から学ぶ!リーダーシップを発揮するために必要なこと

by BONGURI
 職場では、誰かがリーダー的な存在でいなければなりません。人が2人以上集まった場合には、どちらかがリーダーにならなければ、合理的な行動をとることはできないのです。職場でのリーダーという存在は、必要不可欠ですが、どのように人を統一させていったらいいのか、協力し合えるのかというのは、とても難しい課題になります。同じ課や同じ部にいる人たちですら、一人として全く同じ考えや価値観を持った人間はいないのです。

 リーダーシップを学ぶためには、具体的なお手本となるような人たちが、どのような考え方を基に、リーダーシップを発揮していたのかということを知ることが、とても有効な手段となります。リーダーシップについての考え方や価値観は、人それぞれですが、実際に活躍した人たちがどのような考えでリーダーシップを発揮していたのか具体例で見てみましょう。

1.京セラ・第二電電創業者の稲盛和夫氏

 稲盛氏は、「リーダーは、常に謙虚でなければならない。謙虚なリーダーだけが、協調性のある集団を築き、その集団を調和のとれた永続する成功に導くことができる。」と語っています。謙虚な態度のリーダーが受け入れやすい、あるいは多くの人の支持を受けやすいというのは、日本の独特の文化からではないかと思います。

 日本の美徳の中で、謙虚という言葉はよく使われます。力や権力があるのに謙虚に対応するというのは、日本人が求めるリーダー像の一つなのかもしれません。また、謙虚であればあるほど、下からの意見や考えが上に通りやすい環境が作られます。そういった意味では、現場を知る社員たちからの有益な情報をもとに、経営の対策を考えることができ、合理的な方法を選ぶことも可能になります。

 また、相手の価値観を知ることも大切だという考えもあるようです。企業は、様々な価値観を持った人の集団ですので、違う価値観を知ることで、自分では思いもつかなかった経営のヒントにつながることもあります。

2.ワタミの渡邉美樹氏

 渡邉氏は、「地球上で一番、「ありがとう」を集める組織になろう」というシンプルでわかりやすいビジョンを元に、リーダーシップを発揮しています。リーダーシップを発揮するために必要なことの一つに、チームの目標や目的を明確にし、チーム全体でそれに取り組むことというのがあります。目標や目的が曖昧なままであると、どこに向かっていったらいいのか、何に対して努力、尽力したらよいのかがわからず、チーム自体が自然消滅してしまいそうです。そのためにも、わかりやすく、シンプルな目標が必要となるのです。


 以上の2人の活躍した経営者に共通するのは、社員と一丸となって何かを成そうする心意気です。このようなリーダーシップをもち、社員を引っ張っていけるように頑張っていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する