1. 原因を知らなければ"成長"はない!部下が仕事中に起こしてしまった「ミス」の要因を調べる方法

原因を知らなければ"成長"はない!部下が仕事中に起こしてしまった「ミス」の要因を調べる方法

by Neal.
 もし、あなたが管理職であったり部下に指導する立場の人間だったら、部下がミスをしたときにどのような対応をしますか?「○○君、こんな初歩的なミスしないでくれよ」「気をつけてくれよ。頼むよ」などと小言をいうだけにとどまってはいないでしょうか?逆に、部下から嫌われたくないために自ら事後処理に孤軍奮闘してはいないでしょうか?いずれにしてもあまりおすすめできません。あなたは上司として部下を成長させる任務を負っているのです。

 きちんと部下のミスを成長に繋げてあげなければなりません。そのためにもミスの要因をつきとめることは大切。ここでは、部下のミスの原因をつきとめる方法を紹介します。

部下とともに同じ仕事をする

 上司として部下のミスの要因をつきとめるためには、部下の仕事を観察することが求められます。部下と同じ仕事をしながら、部下がミスをした要因となる行為などを見つけましょう。おそらく何気ない習慣的なことが要因となっているはずです。

 書類作成上の計算ミスが多い部下であれば、表計算ソフトの使い方に問題があるのかもしれません。上司である、あなたの目から見たら些細な思い違いであることも考えられるので注意深く観察しましょう。

頭ごなしに否定しない

 部下がミスの報告をしてきた際、聞く耳も持たず、頭ごなしに否定する上司がいますが、それでは部下は成長しません。大切なのは、部下の言ってきたことに対して肯定的な態度を示しつつ、なるべく多くの情報をヒアリングすることです。

 いきなり否定されてしまっては、部下はミスの本当の要因を隠してしまうかもしれません。ですから、肯定的な態度を示しつつ、部下の報告を聞いてあげることが、ミスの要因を突き止める上で大切なのです。


 以上、部下が起こしてミスの要因をつきとめる方法を紹介してきました。大切なのは、上司からの視点で物事を判断するのではなく、部下の目線に立ってあげることです。そうすることで、ミスの要因をつきとめることが出来るでしょうし、何よろ部下からの信頼を勝ち取ることができるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する