1. 「リーダーシップ」の能力が格段に上がる!コーチングを学ぶことで習得できる能力

「リーダーシップ」の能力が格段に上がる!コーチングを学ぶことで習得できる能力

by Leshaines123
 リーダーシップでは集団を統率して牽引する部分が特に問われますが、それだけではなく集団の力を伸ばす必要もあります。集団の力を伸ばすには、相手を理解する能力や相手を啓発する能力が求められるのです。

 こういった能力はコーチングで得られるため、リーダーシップを上げるためにはコーチングを学ぶ必要もあるでしょう。リーダーシップとコーチングで得られる能力の関連性を、ここでは紹介します。

相手を理解する能力

 リーダーには、まとめる集団にいる人を理解する必要があります。これが十分出来なかったり、あえて拒否して統括しようとすると、各自が十分な力を発揮出来なくなる恐れがあります。

 そのため、リーダーシップをとるには相手を理解する能力が必要となるのです。コーチングでは、傾聴などの心構え的なものから質問力などの実戦的なものまで、高い水準の相手を理解する能力を学ぶ事が出来ます。リーダーとなると、様々なタイプの人を効率よく理解しなければならないので、こういった能力をコーチングで学ぶことが望ましいでしょう。

相手を啓発する能力

 リーダーは相手を理解するだけでなく、相手を啓発し、力を伸ばす事が求めらます。これが十分に出来ると強い力を持った活気のある集団が作れるでしょう。こういった能力の深い部分もコーチングで学ぶ事が出来るのです。

 コーチングでは、啓発に必要となる相手の心を開いたり、目的や目標決定に誘導させる方法、その際に必要な仕草、態度、心構えなどが学べます。相手を啓発する事は非常に難しく最低限の知識や経験がある方が良いため、自信のない人はコーチングから取り入れる事が望ましいでしょう。

自身の能力の向上

 コーチングは相手の能力を育成するためのものですが、コーチングを学ぶ事で自分自身の能力向上にも繋がります。コーチングを学ぶ事で、リーダーに必要なコミュニケーション能力、問題解決力、目的管理力などの再確認にもなるので自身の成長に繋がるでしょう。

 また、コーチングでは相手の心情と向き合う事になるため、人間性も豊かになる事も期待でき、人格や人望を持ったリーダーとなれる可能性が高まります。


 リーダーシップとコーチングにはこのような関連性があり、コーチングを学ぶ事でリーダーシップが向上する可能性は高くなります。リーダーシップやコーチングを身につける際の注意点は知識やスキルと体型的に割り切り過ぎない事です。

 どちらにおいても人との関わりの内容になるため、時には心情的な面から考え取り組む事も必要でしょう。単にコーチングを知識として、身に付けただけではリーダーシップとの関連性も生まれません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する