1. オンとオフのメリハリをつける!仕事の疲れが原因で"イライラ"してしまわないためのリフレッシュ法

オンとオフのメリハリをつける!仕事の疲れが原因で"イライラ"してしまわないためのリフレッシュ法

by Leo Chuoi [ RIO studio vn ]
 誰でも仕事で疲れた時はイライラしてしまうでしょう。そのようなときは、しっかりと休むことです。仕事のことを忘れて良く寝るか、または飲みに行くか、しっかりと遊ぶことです。仕事のオンとオフのメリハリをつけることが大切になります。

 仕事でイライラしてくると仕事に集中できず、よい仕事をすることができません。また、周りの人に対して怒りっぽくなったり、周りの人に悪い印象をあたえることもあります。仕事でイライラしてきたら、仕事中なら少し休憩をとるのも良いでしょう。少し1人で落ち着く時間が必要かもしれません。

家ではしっかりと休む

 仕事で疲れないためにもまずは、しっかりと休むことです。できるだけ早く仕事から離れてのんびりとした時間を作りましょう。空腹でイライラすることもあるので家に帰ってしっかりと食べて休むことも良いですし、1人の落ち着いた時間を求めて風呂に入浴をするのも良いでしょう。

 そして特に何もすることがなければ早めに寝て休むことです。家に帰って色々なことをして、寝る時間がなくなっては、効果がありません。規則正しい生活をすることで、仕事疲れのイライラをなくすことができます。

必要以上に仕事をしない

 仕事で疲れてイライラする原因に必要以上に仕事をしている場合があります。そのような場合は、仕事量を減らしていく必要があるでしょう。周りの人に協力してもらって仕事を代わりにやってもらうか、一緒に仕事を終わらせてもらう必要があります。仕事に対して集中力が切れるとイライラしてきてしまうのです。

 そのため1時間に1回は休憩をとってリフレッシュすることが必要です。人間はそれほど集中力を保つことはできません。特に重要な仕事に取りかかっているときほど、冷静になる必要があるのでしっかりと休憩をとります。定期的に休憩をはさむことで、仕事疲れのイライラを軽減することができるでしょう。


 以上、仕事で疲れてイライラしないための方法を紹介してきました。疲れた時は休むことが大切。頑張って働いた結果、ストレスが溜まり体を壊してしまったではどうしようもありません。疲れた時こそ、きちんと休むことを頭に入れておきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する