1. "できる人"と"できない人”の違いはここ!仕事が忙しい時でもイライラを態度に出さない方法

"できる人"と"できない人”の違いはここ!仕事が忙しい時でもイライラを態度に出さない方法

by alpha du centaure
 仕事が忙しいと、焦りから周りに当たってしまったり、物に当たってしまったり、よくないのは分かっていても、どうにもならない時があります。あとから反省して謝まる前に、忙しくてもイライラしない方法を身につけて、スムーズに仕事が出来るようになりましょう。

 忙しくても笑顔にクールに仕事をするあなたを見て、きっと誰もが尊敬の眼差しを送るはずです。そこで、職場の雰囲気をよくするためにも、自分のためにも必要な方法を、今回紹介したいと思います。

計画をたてる

 全体像が把握できずに無我夢中で仕事をしていると、現在のペースではたして終わるのかという不安が募り、自分への不安で余計に焦ってしまうことがあります。受験勉強でもそうですが計画というものは、自分の今の状態が早いのか遅いのか、的確に把握するために役立つのです。また、計画を立てる事で自分への余裕が出てくるため、忙しくてもイライラせずに済むでしょう。

 一見、計画をたてる時間が無駄な時間に思えても、このステップを踏むか踏まないかで確実に仕事が変わってきます。計画をたて、自分の仕事の全体像が見えた時、自分の今の状況が判断できるだけではなく、今、何をやれば良いか、何を後回しに出来るか効率よく考えることも出来るのです。仕事前の数分の準備が、格段に仕事の流れを変えてくれるでしょう。

出来ないと笑ってみる

 決して、諦める事をオススメしているわけではありません。自分で全てやり切ろうとするとプレッシャーや負荷ばかりがかかりすぎてしまい、ストレスはたまるばかりでイライラしてしまいます。自分の能力や仕事のペースを把握した上で、出来ない物は出来ないと認める事も大事です。そして、上司や同僚に助けを求めてみましょう。

 あなたが上の立場でしたら、分担を上手く考えて一人に負担がかかりすぎないように工夫すべきです。ムリをしすぎる事で、仕事が終わらずに返って周りに迷惑がかかってしまう事にもなりかねません。自分の事よりも、ここは大きな目で会社や周りの事を考え、今、自分がどの程度、一人で出来るか常に把握しておきましょう。


 
 いかがでしたでしょうか。イライラの原因はプレッシャーから来るものが多いと思います。まずは、自分をリラックスさせる事に専念して、イライラしない状況を作りましょう。ここで紹介したことを参考にしてみて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する