1. すぐに出来る実践的なテクニック!"イライラ"や"パニック"になっても冷静に仕事を進めていく方法

すぐに出来る実践的なテクニック!"イライラ"や"パニック"になっても冷静に仕事を進めていく方法

by Koshyk
 大量の仕事を抱え、遅々として進まずイライラしてしまったり、納期直前なのに仕事がはかどっていない事で上司に叱責されパニック状態になってしまう事は、仕事をしている方なら誰でも一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

 しかし、仕事が終わらず切迫している時にイライラしたりパニック状態に陥ってしまっても、仕事が片付く訳ではなく、むしろ仕事が遅延してしまい状況を悪化させる事になりかねません。こういった状況下でも冷静になって自分のペースを取り戻す方法、イライラやパニックの状況を少しでも減らす方法をいくつか紹介したいと思います。

1. 一旦その場から離れ、休憩を取る

 仕事が切迫している状況でその場を離れる事は非常に勇気がいる事だと思いますが、そんな時こそ一旦仕事から離れ、わずかでも休憩を取って、もとの自分の状態に戻す事が必要です。

 喫煙所でタバコを吸いに行く、コンビニにお茶やお菓子を買いに行く、喫茶店でコーヒーを飲む、人とおしゃべりをする等、自分がくつろげる方法は人それぞれだと思いますが、自分が短時間でリセットできる方法を一つ二つ持っておきましょう。そうする事で、緊迫した状況を一度リセット出来、その結果、気持ちに余裕が生まれ、今置かれている状況を冷静に見つめる事が出来るようになると思います。

2. 自分の仕事の状況を客観的に見直してみる

 目の前にある逼迫した仕事だけに向き合っていても焦りは募るばかりで、こういった状況では、ミスを連発したり誤った判断で仕事を進めてしまう等、悪循環を招くことが多いでしょう。まずは焦る気持ちを落ち着かせ、現在の状況を客観視し分析する事が先決です。そのためには、忙しい手を少し休ませ、10分で良いので時間を作ります。

 そして、今抱えている仕事の進捗状況や個々の案件の締切等具体的なスケジュールとボリュームを紙に書き出してみたり、エクセルで表にまとめる等してみましょう。すると、自分が仕事を進めて行くべき優先順位が見つかり、それに沿って仕事を片付けて行く事が出来るようになります。また、自分の現状を目で確認しながら物事を進めて行くことで、イライラしたりパニック状態になるケースの軽減につながるのです。

3. ポストイットの活用

 多くの数ある案件の状況を一度に把握するのは非常に困難ですが、一つでも作業が欠けたり締め切りを忘れてしまうと、仕事上問題につながり大変な事態になってしまう事もあります。そういった事でパニック状態にならないためにも、ポストイットを活用してみましょう。

 どんな些細なことでもいいので、決して忘れてはならない事、例えば締切や仕事量であったり、誰かに連絡しなければならない事等は、その場でどんどんポストイットに記入していき、パソコンやデスクの壁等、目につく場所にどんどん張っておきます。特に、優先順位が高いものは常に目につくところに張っておきましょう。

 ポストイットの張る場所がない場合は、ポストイット専用のノートを作り、優先順位の高い順に張っていき、終わったら×印を付けたり捨てていく等しましょう。そうする事で暗記量が減り、また目につくところに貼ってあるので忘れにくくなります。


 以上、イライラやパニックの状況を少しでも減らす方法を紹介してきました。イライラしたり、焦っても仕事はうまくいきません。そんな時こそ、一度心を落ち着かせて仕事に臨むべきでしょう。ここで紹介した対処法を参考に、自分だけの落ち着き方を模索してみるのも良いかもしれません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する