1. 【本当に自分に合わない仕事なのか?】転職しようと思った時に確認しておきたい3つの点

【本当に自分に合わない仕事なのか?】転職しようと思った時に確認しておきたい3つの点

by s.sawada
 仕事をしていると、自分の実力が正当に評価されていない、自分の実力をもっと発揮できる場所があるはず、そんな風に感じて転職活動をはじめる人は決して少なくないはずです。社会人になって間もない頃でも、数年間働いてある程度自分のこの先の道筋が見えてこようとも、長い社会人生の中で、誰しもがこのようなことを感じるはずです。

 ではそうなったとき、新たな道を選ぶにしても、とどまるにしても、どのような点に注意して行動すればよいのでしょうか。

1.隣の芝生は本当に青いのか

 「隣の芝生は青い」ということわざがあります。転職に際してこの言葉ほど現実味を持って迫ってくる言葉はありません。転職を考えるということは、今の仕事に何らかの不満を感じているわけですが、そういう状況だと他の仕事や業態がとても魅力的に見えてきてしまうものです。

 しかし、もし別の仕事が本当に天国のような理想的な仕事ならば、その仕事を辞める人はいないわけです。仕事に合う合わないの相性はありますが、どんな仕事に転職をしたとしても、様々な人間関係や色々な理不尽さというものはついてきますし、そこで長く仕事をすればするほど、責任というものも背負わなくてはならない現実を冷静に見つめなくては、いつまでも理想を追い続け、気づけばただ年老いて身動きが取れない状況に追い込まれてしまいます。

2.評価をするのは自分ではなく世間

 今の仕事が合わない、そう考えて転職をしたものの、結局前職と変わらない業態に就職してしまい、また同じような日々がスタートする、そんな転職経験をしてしまう人も少なくありません。人間年齢を重ねれば重ねるほど、全く新しい環境に飛び込んで、一兵卒として働くことには躊躇しがちになってしまいます。年齢が高ければ高いほど、今の自分にあるスキルが一般的にどれほどのものなのかを冷静に判断すべきです。さらにその際、自分の実力を評価するのは、あくまで周囲の人間であることを心に留めておかなくてはなりません。

 どんな資格を持っていても、どんな経歴をもっていようとも、その価値を判断するのはあくまで採用する会社側にあります。そこを冷静に理解しておかないと「自分の実力を誰も評価してくれない」などといった独りよがりの閉鎖的な世界に陥ってしまいます。

3.本当に転職するのが正解なのか考える

 労働者としては同じところで生涯働き続ける義務は無いわけですから、世の中に無数にある様々な職業に転職する権利は持っています。しかし、同じ職場で長く働き続けることのメリットというのも、改めて見つめ直して天秤にかけてみるのも、自分のこれから先の人生を考えるのに重要なことです。

 同じ職場に長いこといれば、多少の無理やわがままを言っても通ることもあるでしょうし、人によっては王様のような振る舞いをしても受け入れられることもあるでしょう。しかし転職をしてしまえば、よほどのことが無い限り新人となってしまうわけです。そのギャップに果たして耐えられるのか、そのギャップに直面しても、転職したほうが自分にとってメリットが大きいのか、それを冷静に判断することが重要です。


 「キャリアアップ」という言葉を口にする転職組の方が多数います。しかし、キャリアアップのはずがどこに行っても不満を口にし、どんどん収入も下がってしまっている人も少なくはありません。転職を考える際には、どうしても視野が狭くなり今の仕事への不満があふれがちですが、そんな時こそ、上で紹介したように俯瞰的な視野を持って、冷静に自分を見つめ直し、判断を下すことを徹底するのが大切になってきます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する