1. 【リーダーシップとマネジメントってどう違うの?】確実な仕事をするために知っておきたい3つの違い

【リーダーシップとマネジメントってどう違うの?】確実な仕事をするために知っておきたい3つの違い

by Yuya Sekiguchi
 組織を導く役割を持つリーダーシップとマネジメントですが、そのふたつは厳密に定義すると、違いが出てきます。その定義された役割を把握しておかなければ、果たすべき仕事をきちんと理解できなくなりますし、逆に把握していれば、何をポイントにすべきかが理解できます。リーダーシップとマネジメントには、どのような違いがあるのでしょうか。

 故に今回は、リーダーシップとマネジメントの3つの違いから、自分はどちらの役割を遂行するべきなのか考えていきましょう。

1.役割の違い

 リーダーシップの役割としては、組織が目指すべき目標や理念を示し、それをメンバーに共有させるということがあります。違う価値観を持つメンバーの仕事に対する原動力を共有するためには、同じ目標を意識させることが必要になります。そして同じ理念の元に行動することによって、組織全体の作業効率を上げることができます。

 対して、マネジメントとはその目標を達成するためには具体的にどうすればよいかの指針を示すこととなります。また、マネジメントの父と言われるピーター•ドラッカーはその役割として、組織の使命や目的を果たし、仕事をする人を生かし、社会に貢献することとしています。より実践的な内容となるわけです。

 つまり、リーダーシップは組織全体の理念を、マネジメントはその理念を達成するための具体的な方法を模索することをいいます。

2.着目する対象の違い

 リーダーシップを取る人は、組織の人に着目します。メンバーと仕事に対する価値観を共有するためにメンバーとのコミュニケーションに気を配り、モチベーションを高め、素晴らしい生産性を維持することを目指します。

 マネジメントの場合は、その高い生産性をいかに活かすかというシステム作りに注意を払います。結果を出すために、人とモノ、カネをいかに有効に活用するかということが、マネジメントの役割と言えます。

3.リスクに対する捉え方の違い

 リスクに対してどう取り組むかという面でも、違いがみられます。リーダーシップの場合は、置かれた状況において生じているリスクの下で、どのように組織を導くかを考えます。それに対してマネジメントは、そのリスクをいかに回避するかの改善策を考えます。リーダーシップは道を探すということに対して、マネジメントはその道を作ることが役目というわけです。


 以上のように、細かく見ていくと様々な違いが見られる両者ですが、見事にその役割分担ができていると言えます。リーダーシップによって組織と目標を作り上げ、そしてマネジメントによってその組織を目標にまで効率よく導くという、お互いに協力する体制ができているといえます。どちらが欠けても、組織はその能力を最大限に発揮することはできません。

 そしてリーダーシップとマネジメントはお互いにフォローし合う関係でもあります。それぞれの視点が異なるために、組織の隅々にまで注意が行き届くということになり、うまくまとまって仕事を遂行することができるようになるわけです。

 ですので、今の自分に必要な能力はどちらなのかを見極め実践していくのが大切になってくるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する