1. 部下の能力を120%引き出せる!「リーダーシップ」の力を高めることで得られる3つのメリット

部下の能力を120%引き出せる!「リーダーシップ」の力を高めることで得られる3つのメリット

by Sigma.DP2.Kiss.X3
 組織を指導して活動するうえで欠かせない要素がリーダーシップです。リーダーシップを発揮することで、組織のメンバーを効率よく動かすことが可能になり、少ないコストで大きな成果を上げることができます。

 さらに高いリーダーシップを発揮すれば、組織のメンバーは自らの犠牲をいとわずに組織に奉仕するようになり、自発的な活動で組織に利益をもたらすことが期待できるでしょう。今回は、リーダーシップの力を高めることでのメリットを紹介します。

1. 説得力が生まれる

 リーダーシップを発揮することで話に説得力が生まれ、聞く人があなたの話に理解を示してくれるようになります。説得力はリーダに対する共感に繋がり、あなたの話に共感した人たちは進んで組織活動に協力を申し出てくれるようになるでしょう。

 説得力が身につけば、企画やプロジェクトを推進する時にも大きな武器になりますし、プレゼンや交渉においても自分たちに有利な条件を勝ち取ることが可能になります。説得力のある話ができるリーダーは、信奉者や理解者を生み出すのを得意とし、感情を超えた深い論理的共感を用いて組織をより良い方向へと導けるのです。

2. 活動がスムーズになる

 組織活動で最も重要な仕事の一つが、部下の心を掴むことです。部下の心を掴まなければ指示通りに動かすことができず、活動にロスや支障が生じてしまいます。強力なリーダーシップを身につけていれば、部下は従順にリーダーの指示に従うようになり、組織活動がよりスムーズに行えるようになるでしょう。

 魅力や実力、論理力など方法は様々ですが、リーダーシップで部下の心をしっかりと掴み、部下自身がリーダーの指示のもとに活動することに喜びを見出すような状態が実現すれば、組織は一個の生物のように素晴らしい連携を発揮して活動することができるはずです。

3. 意識の共有が実現する

 リーダーシップを発揮して組織を運営するということは、トップの考えが組織全体に影響を及ぼしている状態ということになります。もしリーダーシップが発揮されずに組織が活動しているとしたら、それぞれの部門がバラバラの思惑で活動することになってしまい、活動内容の重複や抜けが発生し、大きなロスが出てしまうでしょう。

 組織活動を効率的に行うためには、メンバー全員が意識を共有し、一つの目標を目指して活動する状態が実現しなければなりません。リーダーシップを発揮することで組織のメンバーは一つにまとまり、意識を共有しながら一丸となって活動することができます。


 リーダーシップとは決して支配する力のことではありません。正しいリーダーシップとは、メンバー全員の能力を引き出しながら個人を尊重する力のことです。リーダーシップを身につけることができたら、組織にとってもリーダー自身にとってもたくさんのメリットが生まれるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する