1. いつ「リーダーシップ」が発揮されるのか?組織のリーダーに必要不可欠な3つの役割

いつ「リーダーシップ」が発揮されるのか?組織のリーダーに必要不可欠な3つの役割

by kennymatic
 リーダーシップは組織の上に建つリーダーに必須の素養ですが、ビジネスの現場においても需要な意味を持ちます。ビジネス上でリーダーが、きちんとした役割を果たさなければ、組織は目標とする結果にたどり着くことができません 。

 リーダーシップを生かしてビジネスを行うためには、どのようなことが求められるのでしょうか。今回は、リーダーシップを用いてリーダーがビジネス上で果たすべき役割について解説します。

1. 目標を設定する

 リーダーシップを用いてリーダーがビジネス上で果たすべき役割の最も基本となるのが、目標設定です。リーダーが正しい目標を設定することができれば、メンバーはビジネスを正しく理解することが可能になり、自分が果たすべき役割を正確に認識して仕事ができるようになります。

 目標とは組織が進むべき方向を示す道しるべであり、活動の根本となるものです。リーダーがリーダーシップを発揮しなければ目標を正しく設定することはできません。目標があることでメンバーは迷わずに仕事に邁進することが可能になり、余計なことに煩わされず、自分が果たすべき責任に全力を注ぐことができるでしょう。

2. 的確な指示を出す

 リーダーは組織が最も効率よく仕事ができるように的確な指示を出さなければなりません。指示が無ければ、どのように目標に向かえばいいのかをメンバーが認識することができませんし、それぞれに仕事を分担して効率を改善することも不可能です。

 リーダーシップとは最適の配分を決めるための判断力であり、部下の能力を最大限に引き出すためのものでもあります。リーダーシップを発揮できなければ組織の実力のすべてを発揮することはできず、効率が悪い状態のまま仕事をすることになってしまうでしょう。リーダーの的確な指示があって、初めて組織は集団として機能します。組織を最大限に活用するための的確な指示こそが、リーダーの果たすべき役割です。

3. 責任を取る

 リーダーとは組織活動における最高責任者です。リーダーの果たすべき究極の仕事は責任を取る事であり、責任が取れないようではリーダーシップとはいえません。

 リーダーが最終的な責任を負ってくれると信じているからこそ、メンバーは思い切って仕事ができるのであり、責任を取らないようなリーダーでは部下は組織を信頼することができず、全力で仕事をすることができなくなってしまいます。何も仕事をしないリーダーであっても、唯一求められる仕事が責任を取ることです。責任はリーダーの最後の仕事であり、最も重要な仕事でもあるのです。



 リーダーシップが正しく発揮されれば、ビジネスは理想的な結果にたどり着きます。組織活動がどのように進むのかは、すべてリーダーのリーダーシップにかかっているといっても過言でありません。役割の重さを認識し、しっかりと仕事に向き合うことが重要です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する