1. 【これがリーダーの原則】チームでリーダーシップを発揮するために守らなければいけない2つのこと

【これがリーダーの原則】チームでリーダーシップを発揮するために守らなければいけない2つのこと

by Wolfgang Staudt
 仕事においてリーダーシップを発揮するとは、どのような事を言うのでしょうか。一般的なイメージとしては、その強いカリスマ性を持ってメンバーを率いるといったようなものがあるのではないかと思います。もちろんそれも、ひとつの形です。

 リーダーシップには大きく分けて3つのタイプがあると言われます。前述のタイプ、メンバーの意見を尊重して事を進めるタイプ、そしてメンバーに全てを委ねる放任するタイプです。この中で最もより良い結果を出し得るのは意見を尊重するタイプと言われます。そのためのチーム作りという面から、リーダーシップを発揮する方法を見ていきたいと思います。

1.メンバーの協調性を高める

 メンバーの意見を尊重するということは、メンバーの意見がある程度まとまらなければなりません。皆好き勝手を言っているようでは、どの意見を採用したとしてもメンバー間にしこりが残ります。そのためには、メンバー間である程度価値観を共有している必要があります。

 故に、リーダーシップを発揮して行うことのひとつとして、メンバーが価値観を共有できるようにチームをまとめるということがあります。そしてそのためには、仕事をする目的をはっきりさせなければなりません。何を目指すのか、より良いサービスを提供することなのか、より良い製品を生み出すことなのか、そういったことを皆の目標となるように説き、皆が納得できるような価値観を示すということが大切になってきます。

2.自由に意見を発することができるチームを目指す

 価値観を共有した上でという条件がつきますが、目標を目指すためにメンバーが自由に発言できる場を作ることも、リーダーとしての役割となります。価値観を共有できているならば、それほど相反する意見が出ることはないでしょう。もし仮にそのような意見が出たとしても、メンバー皆で話し合って意見をまとることができます。逆にそのような機会があった方が、メンバーの一体感が増すことにもなりますし、それを導くことができた時にリーダーシップの発揮という意識付けをすることができます。結果、リーダーとしての存在感が増すことにも繋がります。


 そしてこれらが達成されれば、一体感のあるチームを作り上げることが可能となり、皆足並み揃えて目標に向かって邁進することになります。たとえメンバー間で衝突があったとしても、それは共に目標に向かう方向性は同じわけですから、より良い意見を出した方が受け入れられた時にも、相手に遺恨が残ることもありません。つまり、メンバー間のトラブルも少なくなり、まとめ役としてのリーダーの負担も大きく減ることに繋がります。

 以上のことを実践して、リーダーシップを発揮し良いリーダーとして活躍していきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する