1. 他者からの評価は違っているかも!?周囲から「リーダーシップ」があると認めてもらうための行動例

他者からの評価は違っているかも!?周囲から「リーダーシップ」があると認めてもらうための行動例

by dorena-wm
 他者からリーダーシップがあると認めてもらえるためには、他者よりも多く働く必要があるでしょう。例えば、他者が仕事内容について理解するためには、まずは、自分がその仕事について人一倍理解しておく必要がありますし、また人が敬遠するような仕事も進んで取りかかる度量も必要です。つまり、みんなよりも率先するような行動力が必要なのです。

 また他者をよく理解する必要があるでしょう。今この人はどう思っているのか、仕事の進み具合や理解度を考慮してアドバイスしたり、指導するような行動も必要です。ここでは、他者からリーダーシップがあると認めてもらえる行動例を紹介します。

他者よりも仕事について理解する

 まずは、会社内の他者よりも仕事についてよく理解し、取り組む行動例が必要になります。自分が仕事や業務、会社のことについてよく理解すべきでしょう。そうすることで、会社内の他者の人を指導したり、仕事について教えたり、アドバイスをすることができます。そのコミュニケーションがリーダーシップがあると思ってもらえるための第一歩です。

会社内の人に信用してもらう

 会社内の人に信用されて、頼られるようになるためには、他者の行っている仕事について理解し、また他者自身を理解してあげて配慮してあげれるような行動が必要です

 このレベルまで行くには、日ごろから仕事についてしっかりと取り組み、周りに示しをつけれるようなしっかりとした行動力が大切です。自分だけでなく他者のことまで理解し、考慮するのは、なかなか難しいこと。自分ではしっかりとリーダーシップを発揮していると思っていても、周りの人から見るとそうでもない人もいます。

 リーダーシップがあるかどうかは、周りの他者が決めること。まずは、会社内の人に認めてもらい、信用してもらうことが必要です。

自分よりも周りの人や仕事を一番に考えて行動する

 最終的には、リーダーシップを発揮するためには、自分のことよりも周りの人や仕事のことを一番に考えて行動できるような行動が必要です。自分のことばかり、考えていてはリーダーシップを発揮することはできません。周りをリードするためには、周りの人や仕事のことについて日ごろから良く考えて取り組む必要があります。

 周りの人に仕事を割り振り、仕事を完成させることも必要です。そのためには、他者の個人の能力や仕事の進め方についても把握しておくべきです。また、仕事を期間内に終わらすためには、どのように取り組むべきかも考えなければなりません。


 以上、リーダーシップがあると認めてもらえる行動例を紹介してきました。自分でリーダーシップがあると思っていても、他者からすればリーダーシップがあると思われていないこともしばしばあります。まずは、ここで紹介したことを意識して仕事に取り組んでみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する