1. 組織の仕事効率をグッと上げる!ポイントは管理職のリーダーシップの強化にあり

組織の仕事効率をグッと上げる!ポイントは管理職のリーダーシップの強化にあり

by Takashi(aes256)
 管理職にとってのリーダーシップは周囲の人全体の仕事効率を左右するスキルとなる為、企業側からしても配下で働く人達からしても特に期待されるスキルです。但しリーダーシップというのは単に仕事をしていればスキルアップしていくという単純な物では無い為、強化させるには次のような方法を積極的に取る事が必要です。

はじめに

 リーダーシップは統率力、人間性、業務経験等様々な部分から成り立つものである為、書籍等の知識だけでは補えず実際の経験が必要となります。また本人の意思も重要です。地位や役職が上がれば必然的にリーダーを経験する機会は増えますが、本人が意思を持たないままリーダーの役割を与えた場合だと経験してもリーダーシップは生まれない場合もあり、チームが回らなくなる等の問題が起きます。この為、強化するには経験と本人の意思両面からフォローする必要があります。

社内での強化方法

 急に大勢の集団でリーダーシップを発揮するのは困難であり順をおいて経験を積んでもらう必要があります。早い段階から小さな集団のリーダーを任せる制度を設ける等して経験を促す事が望ましいです。役職や地位で役割を縛りすぎず、立場が低くてもリーダーシップや意見を出し易い環境にするのもリーダシップを促す要因となるでしょう。併せてリーダーとしての意識を促す様、上司が都度面談等でフォローしていくのが望ましいです。

研修を依頼する方法

 リーダーシップは上司等の経験者でもなかなか教えるのは難しいものです。ビジネススキル等の教育をサービスとしている会社の専門科に研修を依頼する方法も一案となります。社外研修の場合、より専門的で社内だけに限定しないリーダーシップのノウハウを学ぶ事が出来ます。勿論研修だけでリーダーシップは完成しませんが自己啓発や刺激、視野の拡大の一部にはなるはずです。こちらも早い段階から促すのが効果的です。


 この様に経験や意思を促す事がリーダーシップを強化する為には大切です。最も大事な部分は本人自身の意欲になってくるので、外部から促されるだけでなく社員それぞれが早い段階からリーダーを意識して行動するようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する