1. あなたはどの型?戦国武将に見るタイプ別リーダーシップの取り方

あなたはどの型?戦国武将に見るタイプ別リーダーシップの取り方

by Manish Prabhune
 会社や組織を率いる人間は、リーダーシップをもっていなければなりませんが、リーダーシップを発揮した偉人として挙げられるのは、戦国武将ではないでしょうか。ここでは、戦国武将のタイプ別に分けてリーダーシップの取り方を紹介します。

唯我独尊ワンマンタイプの織田信長

 織田信長は自らの理想を掲げて先頭に立ち、周りを引っ張っていくタイプのリーダーです。強いカリスマと行動力で周囲を巻き込み、目標に向かって突き進んでいきます。このタイプはなにより人間的な魅力と、部下からの信頼の強さが特徴です。自分が中心となって仕事をまとめることができるような高いスキルを持つビジネスマンであればこのタイプを目指すといいのではないでしょうか。

周囲を纏め上げる調整型タイプの武田信玄

 武田信玄は「人は石垣、人は城」という言葉でも知られるように、配下の豪族たちの中でうまく調整しながら信頼を得ていき、少しずつ武田家をまとめあげて、戦国最強といわれるまでの軍団を作り上げました。このタイプは、周囲に実力がある部下を置いて、それらをうまく使っていくことが上手であり、かつ、いざというときには自分が前に立つことで信頼を厚くします。人間関係の調整がうまく、周りの意見を参考にチームを作り上げていくようなやり方を目指す人は武田信玄に学ぶことも多いでしょう。

長期戦略に長けた忍耐タイプの徳川家康

 家康は「人の一生は重き荷を負うて 遠き道を行くが如し」との言葉通り、地道に忍耐強く戦国の世を生き抜いたリーダーです。家康の人生は決して順風満帆ではなく、時には手痛い大敗を喫することもありました。しかし、一時の敗北にもめげず先を見据えて行動し、最終的な勝者となることができました。リーダーのスキルとして、我慢強さも挙げられるでしょう。部下の失敗も寛容に受け止めて、最終的に成功させられるような徳川家康の忍耐力はリーダーとして持っておきたいものです。


 ここでは、戦国武将の型に合わせたリーダーシップの取り方を紹介しました。リーダーは、何らかのスキルに秀でている必要があります。戦国武将を参考に力強いリーダーを目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する