1. トレンドなだけじゃない!マーケティングに統計学を取り入れるメリット

トレンドなだけじゃない!マーケティングに統計学を取り入れるメリット

 現在大きな注目を集めている統計学ですが、企業でもマーケティングに統計学を取り入れることで、大きなメリットを手に入れることが出来るでしょう。ここでは、マーケティングに統計学を取り入れることのメリットを紹介します。

効果の測定ができる

 マーケティングは様々な施策を打つため、1つひとつの施策の効果測定が難しく、また、広告や宣伝は、効果が定数的に出ないため、そもそも効果が測れないという問題がありました。しかし、統計学を用いることで、データを解析することができるため、それぞれの施策の効果を検証することが可能です。

未来の予測が可能!?

 統計学では、顧客の動向がどういう傾向で進んでいるのかを調べることができます。そのため、最終的にその商品がヒットするのかどうかということまである程度予測が立てられます。出すまでわからないとされてきた商品のヒットの予測が立てられるため、マーケティングのコストが削減されたり、より利益が出やすいというメリットがあるでしょう。


 ここでは、統計学をマーケティングに用いることで得られるメリットを紹介しました。統計学を正しく利用することで、マーケティングの効果もより高いものになります。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する