1. 脳に重大な負担!マルチタスクの仕事を行うことで体が受けるダメージ

脳に重大な負担!マルチタスクの仕事を行うことで体が受けるダメージ

 マルチタスクで仕事を行う人も多いと思いますが、そのような働き方は、体に大きなダメージを与える恐れがあります。ここでは、マルチタスクの仕事が脳や体に与えるダメージを紹介します。

マルチタスクが体に与える負担

 マルチタスクをするということは、体に大きな負担をかけることになります。同じ体勢が長く続くことや、また長い時間集中することで、腰痛や、眼精疲労の原因となるでしょう。マルチタスクをする場合は、なるべく同じ体勢を取らないようにして、長い時間集中しないことを心がけることで体への負担は減るのではないでしょうか。

マルチタスクが脳に与えるダメージ

 マルチタスクは脳に大きなダメージを与えていると考えられます。同じような仕事をするときには、同じ脳の部位を利用して仕事をしているため、脳の一部分に大きな負荷がかかってしまい、脳のパフォーマンスも下がってしまうでしょう。ある研究結果では、脳がマルチタスクによって疲れてしまうと機能を回復するまでには時間がかかるという結果も出ています。マルチタスクをするときは、なるべく短時間で仕事を終わらせるような工夫が必要だと言えるでしょう。


 ここでは、マルチタスクで仕事を行うことが脳や体にかける負担を紹介しました。マルチタスクでかかる負担を考慮して仕事を進めていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する