1. しっかりと認識を!マルチタスクで仕事を行うことのデメリット

しっかりと認識を!マルチタスクで仕事を行うことのデメリット

 優先順位を決めずに同時進行でこなすマルチタスク型の仕事をしている人もいるのではないでしょうか。しかし、マルチタスクで仕事をこなすことは、デメリットも多くあります。ここでは、マルチタスクで仕事を行うことのデメリットを紹介します。

全部の仕事が中途半端になり終わらない

 マルチタスクで仕事をこなすと、様々な仕事を同時にこなすために、全部の仕事が中途半端な進度になってしまうことが考えられるでしょう。1つひとつの仕事を完成させる仕事のやり方のほうが、進捗の管理も比較的に楽なうえ、翌日に仕事を引き継ぐ場合もすぐにとりかかることが出来ます。

仕事の質が低下する

 マルチタスクをすることで、1つひとつの仕事のクオリティが落ちてしまいます。これは、同時進行で行っていることも原因として挙げられますが、マルチタスクは集中力を高く保つ必要がありますし、また、疲労も、1つの仕事に集中するよりも大きくなります。


 ここでは、マルチタスクで仕事を行うことのデメリットを紹介しました。中途半端でクオリティの低い仕事をしないためにも、マルチタスクで仕事をするときには細心の注意を払うようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する