1. 適度なストレスがないと成長できない?ストレス社会で持っておきたい「仕事の価値観」

適度なストレスがないと成長できない?ストレス社会で持っておきたい「仕事の価値観」

by urbanfeel
 職場での業務を通じて、社員は常に成長することを望まれています。しかし、単に毎日職場に来て、何の考えもなく、与えられた業務を淡々とこなしているのでは、自らの成長には、つなげることができません。仕事を通じて、給与をもらいながら、自らの内面やスキルなどの成長も図れたら、とてもすばらしいことだとは思いませんか?仕事を通じて、成長できるかできないかは、仕事に対しての考え方を少し変えられる様な価値観を持っていることが重要になるのです。

仕事を通じて、成長につなげることができる価値観とは?

 毎日通わなければならない職場ですから、どうせなら自分にとっても成長できる場にしたいと考える人のほうが多いでしょう。仕事に対しての考え方は人それぞれですが、仕事を見る視点を少し替えるだけでも、価値観が変えられることがたくさんあります。

 多くの人間はストレスを感じるます。また、人材の削減などが職場で行われれば、あなたの業務の量は増えることになるでしょう。人間は、決まりきったことや予測が大抵つく環境や場所にいると、あまりストレスを感じることはありません。

 しかし、このストレスがない状況は、業務の改善策や課題を見落としがちにさせます。変化は、ストレスにつながりますが、このストレスが職場の活性化や、自らの成長につながることはたくさんあるのです。

 人事異動などで新しい職場にいけば、それまで行っていた業務を遂行できる能力と、新しい業務を行える能力を身につけることができます。さらに、新しい環境に溶け込むためには、ほかの社員とのコミュニケーションが不可欠ですので、コミュニケーション能力にもさらに磨きがかかります。

 人材の削減などでは、一人一人の仕事量が増えるわけですから、無駄な業務に対する見直しや、時間短縮の改善なども行われ、それぞれの社員が自ら考え、実行できる能力を身につけることができます。さらに、結果的には企業全体の人件費の削減にもつながります。

職場でのストレスは、成長につながります。

 職場のでストレスを、単なる負のものとして考え対応しようとすると、苦痛だけが伴うことになります。そうではなく、上記のように、変化つまりストレスは、自らの成長、さらには企業への成長になると考えて取り組むという価値観を意識的に使えば、利点になるのです。


 今回は、仕事の価値観を元に成長するための価値観についてを見てきました。ストレスなくして、成長は望めません。ストレスに対しても前向きに取り組んでいきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する