1. "本"を読んでインプット量を増やす!仕事がうまくいかない悔しい気持ちを「成長」につなげる方法

"本"を読んでインプット量を増やす!仕事がうまくいかない悔しい気持ちを「成長」につなげる方法

"本"を読んでインプット量を増やす!仕事がうまくいかない悔しい気持ちを「成長」につなげる方法 1番目の画像
by tanvach
 社会人経験がある人なら誰でも、仕事がうまくいかない悔しい気持ちを持ったことがあることでしょう。新入社員は、最初は簡単な仕事を任されますが、途中様々な失敗を犯すこともあると思います。何とか仕事を仕上げても、「もっとこうすればよかった」「あの時こうしていれば…」といった悔しい思いがこみ上げてくることでしょう。

 また、仕事は多くの人と関わりながら進めるものですので、あなたの責任ではなくても、他人のミス・環境の変化により、仕事がうまくいかないこともあります。このような仕事がうまくいかない悔しい気持ちは、せっかくならプラスに活かして、仕事力の向上に繋げてしまいましょう。今回は、仕事がうまくいかない悔しい気持ちを、仕事力の向上に繋げる方法について紹介します。

1. 悔しい気持ちを客観的にとらえ、仕事に活かす

 仕事がうまくいかない悔しい気持ちを持った時、その気持ちの原因を考えてみましょう。原因が「自分の努力不足」なら、努力するのみです。また原因が「他の人が全く動いてくれない」なら、他の人が動かない原因は何か、どうすれば動くのかを考えてみましょう。

 他の人が動かない原因が、「今動かなければならない必要性を理解していない」のなら、いま仕事を進めなければならない理由を、相手にわかるように伝えましょう。また、他の人が「動いても自分の得にならない」と考えているなら、今動くことの必要性を伝えるとともに、行動することが相手の得になることがあれば、それを強調して伝えましょう。

 「悔しい」と思うだけでは、イライラが募るだけで、結局何の意味もなしません。なぜ悔しいと思うのかを客観的に考え、その対策を講じてみましょう。

2. たくさんの本を読み、悔しい気持ちを解決するヒントを探す

 本屋さんへ行けば、ビジネスで必要となる知識やノウハウが書かれた本がたくさんあります。営業力向上をテーマにした本、プレゼンのノウハウが書かれた本、リーダーシップを学ぶ本など、ビジネスに必要な様々なスキルやノウハウは、何らかの本を読めば、簡単に知ることができるでしょう。

 あなたが今抱いている「仕事がうまくいかない悔しい気持ち」を解決するヒントが、本に書かれているかもしれません。何が悔しいのかわからなくて悶々としていても構いません。まずは本屋さんへ足を運び、目にとまった本を、片っ端から手にとってみましょう。

 本の表紙・題名を見たり、本の内容にサラッと目を通すことで、あなたの悔しい気持ちの原因を特定することができたり、それを解決するヒントが見つかるかもしれません。そして、もしあなたの悔しい気持ちを解決するヒントが本に書かれていたら、その本を買ってじっくり読み、その内容を仕事で実践してみてください。結果的に、仕事力の向上につなげることができるでしょう。


 以上、仕事がうまくいかない悔しい気持ちを、仕事力の向上に繋げる方法について紹介してきました。「悔しい気持ち」を活かせるかどうかは自分次第です。「何だかうまくいかないな…」と思ったら、自分を客観的に見つめ直すようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する