1. 仕事の印象が薄くなる?マルチタスクで仕事を行う短所

仕事の印象が薄くなる?マルチタスクで仕事を行う短所

 多くの仕事をこなすときにはマルチタスクでの仕事処理が便利ですが、これにはもちろん短所もあります。今回はマルチタスクで仕事をすることの短所を紹介します。

それぞれの仕事の質が落ちる

 マルチタスクで仕事を行うと、それぞれの仕事の質がかえって落ちてしまうことがあります。人間の脳は基本的には一つの行動をすることに向いています。複数の作業を下手に同時処理しようとそれぞれが散漫になり、質も落ちてしまうのです。

後から仕事の内容が思い出せない

 複数の仕事を同時に行うことで、どの作業がどの仕事だったのか覚えづらく、一つ一つの仕事が印象に残りづらいという短所もあります。後から仕事の確認を頼まれたり、改めて見返したりしたときに仕事の内容が思い出せないのです。このためには一つ一つの仕事をいかに集中してこなせるかが重要になります。


 以上のようなことが、マルチタスクで仕事を行う際の短所です。それぞれの仕事にメリハリをつけて臨まなければマルチタスクは完全に逆効果だということを覚えておいてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する